ウェブビジネスの教科書サイト

    facebook Twitter RSS
再注目!絶対押さえておくべきサーチターゲティング

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter0

YDNのサーチタゲティング、最近仕様が変わりましたね。すでにサーチターゲティングを利用している人も、これから利用する人も改めて要チェックです。

サーチターゲティングでユーザーにもっとアプローチできる!

「リスティング広告って検索結果の上のほうに【広告】ってついて出てくるあれでしょ。
そんなの無視して普通の検索結果のページを見ちゃうもんね」
とweb広告を避けている皆さん。
実はリスティング広告は検索結果の画面以外にも表示されているって知っていますか?

「一度訪れたサイトの広告に他のサイトを見ているときに追いかけられるあれでしょ。
そもそも興味ないサイトには行かないから関係ないし」
とそこで思ってしまったそこのあなた。
実は訪問者を追いかける広告(=リターゲティング広告)だけではないのです。

あなたが検索結果の画面に表示された広告を無視しても、広告を出しているサイトをそもそも閲覧しないとしても、我々リスティング広告の広告主はあなたを追いかけることができるのです。
それがサーチターゲティングです。

サーチターゲティングとは

サーチターゲティングとは、YDN(Yahoo!ディスプレイネットワーク)のターゲティング機能の1つで、ユーザーの検索履歴をもとに広告を表示させることができる機能です。特定のキーワードを設定し、そのキーワードを過去に検索したユーザーに対してYDNの配信先であるサイト上で広告を表示させることができます。
つまり検索結果画面で広告をクリックしなかったユーザーにも、他のサイトを閲覧しているときに再度広告を表示させアプローチすることができるのです。

例えば
「婚約指輪・結婚指輪はハリーウィンストンしか認めない」
という彼女の皆さん。
あなたの彼氏が「婚約指輪」や「結婚指輪」、「ハリーウィンストン」で検索をしたとき、私たちはそれよりも安価なブランドの結婚指輪や婚約指輪の広告を、懐のさびしい彼に表示させることができるのです。

めでたく結婚することになったあなたと彼。結婚指輪は2人で決めようと相談し、彼の家のパソコンで「ハリーウィンストン 指輪」と検索します。
するとハリーウィンストンよりも安価な指輪の広告がたくさん表示されました。
検索結果の画面を横から見ながら、すかさずあなたが言います。
「まさか、ハリーウィンストン以外の安い指輪なんて考えてないよね?」
と。
彼は言うでしょう。
「まさか」
2人でハリーウィンストンのサイトを見て軽く商品をチェックし、店舗をチェック。今度の週末に2人で行くことに決め、その日は別れました。

次の日、彼は仕事から帰り、昨日「ハリーウィンストン 指輪」と検索したインターネットブラウザで「新婚旅行」と検索しました。その検索結果の画面にはもちろん指輪の広告は表示されていません。
彼はある新婚旅行の特集のページを閲覧しようと、そのリンクをクリックしました。
するとなんということでしょう!
あれだけあなたが昨日、彼にリンクを踏ませないように阻止した、ハリーウィンストンよりも安価な指輪の広告が彼の目の前に表示されたのです。
表示場所は彼が先ほどリンクを踏んだ新婚旅行の特集ページ。
広告は検索結果に表示されていたテキストのものよりも目立つバナー広告。指輪の写真が載っており、正直彼にとっては昨日見たハリーウィンストンの指輪の写真と、この安価な指輪の違いが分かりません。
そして彼はハリーウィンストンよりも安いという事実に惹かれ、その広告をクリックし、サイトを訪れてしまったのです。

次の週末、あなたは彼とハリーウィンストンの店舗に行くため駅前で待ち合わせをしました。駅前に彼が現れこう言います。
「本当にハリーウィンストンにする?結婚式や引越し、新婚旅行にお金がかかるし、子どもがうまれたらもっとだよ。ハリーウィンストンに引けをとらないくらい高品質のダイヤを使った指輪が他のお店ならもっと安く買えるし、中にはオーダーメイドなのに安価なブランドもあるよ。それに・・・」

彼はあなたに会うまでのこの1週間、サーチターゲティングによって安価な指輪の広告に追われ、サイトに流入し、流入したことでリターゲティングされ、どんどん気持ちが安価なブランドに傾いてしまっていたのです。
お金を出すのは彼である以上、あなたは憧れのハリーウィンストンを得るために交渉を余儀なくされました。

このように、サーチターゲティングを利用することで、見込みユーザーにアプローチする機会を増やし、成約につながるかもしれないユーザーの母数を増やすことができるのです。リスティング広告を運用する広告主にとってみれば配信しないという選択肢はありませんね。

サーチターゲティングの設定方法

では、どうやって設定するのでしょう。
まずはYDNのサーチキーワードリストで設定キーワードのリストを作成します。

①「ツール」バーのプレイスメント管理を選択 

サーチキーワードリストを選択

 
②「+サーチキーワードリスト作成」を選択 

サーチキーワードリスト作成

 
サーチキーワードリストの設定方法は2パターンあります。

<自分でキーワードを入力するパターン>
③キーワードを入力し、「使用できるサーチキーワード候補を検索」をクリック 

サーチキーワード入力

 
④使用可能なキーワード一覧が表示されるので、選択して登録。「サーチキーワードリスト作成」をクリックするとリストが作成されます。 

サーチキーワード選択

 
<おすすめキーワードリストから選ぶパターン>
⑤ファッション/アクセサリー、娯楽/エンターテイメントサービス、旅行/交通/レジャー・・・などなど、カテゴリを選択 

サーチキーワードおすすめリスト

 
⑥カテゴリ内のおすすめキーワードが表示されるので選択してリストを作成 

サーチキーワード選択おすすめ

 
なおサーチキーワードとして登録きるものには制限があります。GoogleAdWords(グーグルアドワーズ)のキーワードマッチのように、思いついたキーワードをそのまま、というわけにはいきません。

ここでサーチターゲティングの設定が終わったと思って油断してはいけません。作成したリストを広告グループに紐付けまで行えば設定の完了です。

⑦広告グループの設定画面でサーチタゲティングの「設定する」を選択し、該当のリストを選択 

サーチキーワードおすすめリスト

 
これでスポンサードサーチで逃したユーザーにも広告を表示できるようになりました。

サーチタゲティングを始める前に疑問を解消しよう

「よし、サーチタゲティングを始めてみよう!」と思った方、始める前にちょっとした疑問を解決しておきましょう。Yahoo!の公式サイトや問い合わせ窓口で確認した内容をまとめてみました。

Q.設定したキーワードを何回検索したユーザーがターゲットになるの?
A.1回以上検索していたらターゲットになります。

Q.「ハリーウィンストン」でキーワードを登録した場合、「ハリーウィンストン 指輪 高い」で検索したユーザーはターゲットに含まれるの?(登録したキーワードは、どんなマッチタイプで検索語句を判断しているの?)
A.含まれる可能性があります。
以前は検索語句と設定キーワードが完全に一致した場合にのみ広告が表示されていましたが、2016年3月8日から検索語句をYahoo!の独自の技術が語句に分解し、その語句と設定したキーワードが一致した場合に配信されるように仕様が変更になりました。
つまり、「ハリーウィンストン 指輪 高い」というキーワードをYahoo!が「ハリーウィンストン」「指輪」「高い」などで検索語句を分解していれば、「ハリーウィンストン」を設定キーワードにした際に広告が表示されます。
※すでにサーチターゲティングを用いて広告を配信している場合は、この仕様の変更により急な表示回数の増加が起こるかもしれませんのでご注意を。
また、マッチタイプを広告主が選ぶことはできませんので、どの検索語句が対象になるのか、広告主はコントロールすることができません。もし「ハリーウィンストン 指輪 高い」が「ハリー」「ウィンストン」「指」「輪」「高い」のように分解された場合は、「ハリー(=ハリー・ポッター)」や「指」、「輪」などの関係ない検索に対しても広告が表示され、関係のないクリックを集めてしまうリスクがあることを忘れてはいけません。

Q.スポンサードサーチでは競合他社のブランド名や商品名をキーワードとして入札できないけれど、サーチターゲティングでは入札できるの?
A.競合他社のブランド名や商品名でも入札できます。

Q.設定できるキーワードはいくつくらいあるの?
A.Yahooに確認しましたが非公開項目とのことで謎のままです。
非公開の理由については明かされていませんが、個人的には設定できるキーワード数は変動するためなのでは、と考えています。

Q.Yahoo!JAPANでの検索以外の検索履歴もターゲティングに使われているの?
A.Yahoo!JAPANだけでなく、Yahoo!知恵袋やYahoo!ニュース含む他のYahoo!サービスの検索履歴も含まれます。提携パートナーサイト(bing、exciteなど)の検索履歴が含まれるのかどうかは明かされていません。
Yahoo!サービスでもなく、提携パートナーサイトでもないサイトの検索履歴は含まれません。Googleでの検索履歴も含まれません。

Q.過去どれくらいまでの検索履歴をさかのぼってくれるの?
A.過去30日間まで。

サーチターゲティングを始めてみよう!

サーチタゲーティングについて、もうバッチリですね!スポンサードサーチと併用することで、今までよりも多くの見込みユーザーを囲い込こむことができるところがおもしろいところです。
それでは皆さんサーチターゲティングを利用してさらなる成約獲得を目指していきましょう!
もしかしたらあなたがサーチターゲティングを利用して出稿した広告が、高い指輪を買わされそうになっている男性を救うかもしれません。

参照元:

 

画像:

  • CheeseyMush
Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter0

おすすめの記事

J&B LABO で扱っているテーマ一覧

トップへ

検索

メルマガ購読