ウェブビジネスの教科書サイト

    facebook Twitter RSS
SEO(検索エンジン最適化)とは?

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter0

SEO(検索エンジン最適化)について説明します。

SEO(検索エンジン最適化)とは

 「SEO」とは、Search Engine Optimizationの略称で、「GoogleやYahoo!などの検索結果ページ(参照:画像1の黄色枠)に、自分のサイトを上位に掲載するための施策や技術」を指し、検索エンジン最適化とも呼ばれています。

 

 検索結果ページ上の順位を決めるには、まず「クローラー」というロボット型検索エンジンプログラムがリンクを辿って、サイトやページ内を隅々までクロール(=データ収集のために巡回すること)し、検索エンジンのデータベースに記録します。それをもとに、ランキングエンジンが内部要因と外部要因から総合的に判断して順位が決まります。クローラーは、とても頑張り屋さんなんですね。しかし、クローラも膨大な数のサイトやページをすべて網羅しているというわけではなく、完璧ではありません。ですので、一部のページだけを素晴らしいものにしても、万が一それを見逃されてしまえば、サイト自体の品質が下がってしまうでしょう。したがって、サイト内すべてのページに同等の力を注ぐことが必要になってきます。

画像1)キーワード「紅葉」の検索結果ページ

 

キーワード「紅葉」の検索結果ページ

 

SEO対策~外部施策と内部施策~

さて、先ほどの章で『内部要因と外部要因から判断して・・・』と書きましたが、クローラーが判断基準としている内部・外部の要因を知ったうえで、それらに対応したSEO対策をしていけば、検索結果ページ上での順位を上げることに期待できます。

<内部要因>
1、キーワード・・・目安は、1ページに1つのキーワード。
【内部施策】
・キーワード選定に便利なツール
 イ)キーワードウォッチャー
 ロ)Googleキーワードプランナー
・タグにキーワードを含める
 title、hx、pタグの先頭部分にキーワードを含めて、できるだけ前の方に配置する。ただし、スパムと間違われる可能性があるので、ページ内にキーワードをたくさん含めすぎないようにする。

2、操作性・・・ユーザーが使いやすいサイトであるかどうか?
【内部施策】
・サイト内検索ができる
・トップページから他のページへのリンク、関連ある他のページへのリンク、サイト内・外のリンク先が適切かを確認する
 ★リンク先をチェックするツール ⇒LinkChecker
・アンカーテキストにキーワードを含めて強調してみる
・パンくずリスト(画像2の黄色枠内がパンくずリスト)をつくる
・ページの内容に関連する画像や図表を使用してわかりやすく  etc..

画像2)パンくずリスト

 

パンくずリスト

 

<外部要因>
※内部施策が十分に行えてることが前提です。
被リンク・・・自分のサイトを他のサイトにリンクしてもらう。
【外部施策】
・良質な内容のページにすることで、被リンクを増やす

便利すぎて困っちゃう!SEOツール

1、SEOTOOLS
 キーワードプランナー、アクセス解析、被リンク数、検索順位などがわかる。
2、SEOチェキ!
 Googleページランク、被リンク数、インデックス数、Twitterのツイート数、Facebookの「いいね!」の数、検索順位、キーワード出現頻度などがわかる。
3、Ferret PLUS
 キーワードアドバイスツール、内部対策チェックツール、アクセス解析など。
4、Googleトレンド
 検索回数推移を調べられ、いま話題のキーワードがわかる。

 

参照元:

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter0

おすすめの記事

J&B LABO で扱っているテーマ一覧

トップへ

検索

メルマガ購読