ウェブビジネスの教科書サイト

    facebook Twitter RSS
インプレッションの新たな計測方法!AVA(Active View Action)とは!?

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter10

この記事ではインプレッションの新たな計測方法としてアクティブビューについて説明しています。thinkwithgoogleの記事を翻訳し、加筆・編集したものです。

ビューアビリティ(閲覧可能性)とはなんだろう?

ビューアビリティ(閲覧可能性)とは、広告がユーザーによって見られる機会があるかどうかの尺度である。ユーザーの目の前に広告が表示された実際の回数についての測定基準があることで、マーケッターのメッセージが見られているという事実の根拠となっている。

アクティブビューとはなんだろう?

アクティブビューとは、Googleが提供するviewableインプレッション計測技術のことを指す。ウェブ上のviewableインプレッションを計測、獲得するためのソリューションであり、Media Ratings Council(MRC)によって認められている。

アクティブビューは、一回のインプレッションごとに、広告がユーザーに見えているかそうでないかに関わらずリアルタイムで計測する。ラクで、無料で、しかもどの広告プラットフォームでも共通して適用されるアクティブビュー計測は非常に明確で、一部を抽出したり推定値を含めたりすることはなく、各インプレッションの直接計測に基づいている。

なぜ、ビューアビリティが大事なのか?

もし広告が見えていないのならば、広告はインパクトを与えたり、認識を変えたり、またはブランドの信頼を構築することができるだろうか?
デジタル広告においては、ビューアビリティは広告インプレッションごとの計測が第一である。広告表示の計測はマーケッターにキャンペーン施策やメッセージの有効性をしっかり理解させ、広告が最も価値が発揮できるメディアに割り当てられることに一役買うことになる。

2014年12月、Googleのアクティブビュー技術を用いて、Display Viewability Benchmarksを発表した。この発表で分かったことは、全ディスプレイ広告の56%が今まで一度もみられる機会がなかったことだ。その数値を見れば、もはや私たち広告主が行えることはない。

見られない広告があることにおいて産業は何をしているのだろう

2013年、Interactive Advertising Bureau(IAB)とMedia Ratings Council(MRC)が18ヵ月計画を始めた。それは、数百の大きな広告代理店や広告主、出版社、そして技術提供者(Googleを含む)と共に、viewable広告表示の計測における共同の産業基準を発展させるためのものだ。

2014年3月31日、MRCはviewableインプレッションをもとにディスプレイ向けデジタル広告費を取ることを差し控えるよう勧告を行い、viewable広告表示の標準作りに向けた最初の一歩を踏み出した。

産業の標準とは何か?そしてなぜそれが重要なのか?

私たちGoogleはIABやMRCのディスプレイ広告向けビューアビリティの定義を支持している。「広告の50%以上が最低1秒は見られている状態であること」というものだ。

共通貨幣の役割――金の標準価値から、U.S.ドルはたまた些細なクリックまで――が、投資、信用、そして貿易においてその価値の増大に拍車をかけていることは否定しようがない。MRCによるビューアビリティの標準がかなり重要であるからだ。普遍的な計測方法なしでは、広告がみられることの本当の価値を決めることは不可能である。

ものさしを創ることや、投資の効果性を最適化し、速さ、観測することが必要なのである。

viewableインプレッション-広告における次世代通貨とは

では、viewインプレッションが将来において通貨となるとき、デジタル広告はどのように見えるだろうか?私たちは、広告配信システムに組み込まれたviewインプレッションの計測方法がが、すべてのキャンペーンに対して行っているインプレッションの計測方法にとって代わることを目撃するだろう。ビューアビリティ率との食い違いはもはや問題ではなく、代わりに私たちは計測されたviewableインプレッション数にのみ気を払うだろう。

広告主は広告がどれくらい見られているのかを知ることになるだろう。そして彼らが出しているキャンペーンの本当の影響を知ることがより簡単になる。また、どの在庫品目が最高の価値を提供しているのかを知ることができ、メッセージを打ち出すために払う価格に信用を持てるだろう。出版社は、最もパフォーマンスの出ている在庫品目について鮮明な写真を用意するだろうし、持ち合わせている在庫品目の中から閲覧可能性の高い品目を最大化しつつ、サイトでユーザーが受ける広告経験を最適化していくことができるだろう。

しかし、ビューアビリティによってもたらされるもっとも重大な変化は、一見して際限なく見えるデジタル広告の供給における効果の制限であろう。今日、在庫品目の供給過剰が起こるのは、現在用いられているインプレッション計測基準の結果なのだ。1枚のページで表示される広告の数には制限がないのである。

viewableインプレッションの流行は、あなたのメッセージが見込み顧客の前に画面表示されるという、デジタル広告が約束してきた保証を見直すことになるだろう。

参照元:

 

画像:

  • freepik.com
Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter10

おすすめの記事

J&B LABO で扱っているテーマ一覧

Copyright 2017 J&B LABO. All rights reserved.