ウェブビジネスの教科書サイト

    facebook Twitter RSS
PV(ページビュー)とは?

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter0

PV(ページビュー)について解説しています。

 

PV(ページビュー)とは?

インターネットのサイト、ページにどれくらい人が来たかという数字。

アクセス数と呼ばれることもあります。

一番よく使われるウェブサイト、ページの、人気を示す数字です。

似たものにユニークユーザー数があります。

しかしページビューは閲覧された数、ユニークユーザーは訪問した人の数を示します。

普通、ユーザーはサイトのうち数箇所に用があることが多いのでページビューはユニークユーザーより多い、ということになります。

 

PV(ページビュー)の役割

広告を掲載する際に、そのサイト、ページがどれくらい見られているかがわかります。

広告は多くの人の目に止まらなければ意味がありません。

特にバナー広告はどのページに載せるかが大切になります。

広告を載せるに足りるサイト、パージなのかは、ページビューを見ればわかるというわけです。

いわば、テレビ番組の視聴率のようなものです。

ページビューの数が多いほど多くの回数見られているので広告を貼る価値があります。

しかし多くの人が見ているページは人気も高く、広告料も高くなります。

ただしページビューについて注意してほしいのは、あくまでもページを閲覧された回数が分かるだけで、訪問した人のまずはわからないということです。

ですからページビュー60万のページが二つあった場合でもユニークユーザーが1万のページと50万のページでは宣伝の効果にも差が出てきて当然と言えます。

ページビューとユニークユーザー両方の数字を活用することで広告を掲載するべき場所を決めることができます。

ページビューだけで決定することは避けるべきでしょう。

しかしページビューは人気を示す上で最も広く使われている数値ですから広告の掲載先を選ぶ際にも役に立ちます。

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter0

おすすめの記事

J&B LABO で扱っているテーマ一覧

Copyright 2017 J&B LABO. All rights reserved.