ウェブビジネスの教科書サイト

    facebook Twitter RSS
PPC広告とは

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter0

PPC広告について説明します。

PPC広告とは

 場合によっては、広告費0円で掲載できちゃう!PPC広告は、そういう広告になります。ユーザーのニーズとは全く的外れだったり、「この情報、ほんとに正しいの?」と怪訝されたりする広告は、残念ながら、誰からも相手にされません。構ってもらえないのって、すごく寂しいですよね。では、私が冒頭で「広告費0円で掲載できる」と申し上げた理由をご説明します。
 「PPC広告」とは、Pay Per Clickの略称で、「ユーザーにクリックされた回数分だけ広告費が発生するインターネット広告、または、その課金形態」です。クリックされるごとに広告費が加算されるので、「クリック課金型広告」とも呼ばれています。広告を掲載した時点では費用はかからず、ユーザーからクリックされた回数によって支払う金額が変動します。PPC広告の費用は、上限を設定することができるので、予想以上のクリック数のせいで予算オーバーになるという心配はありません。つまり、ユーザーから広告をクリックされない限り、広告費は一切発生せず、0円なんです。PPC広告に分類されているものは、Yahoo!プロモーション広告やGoogleAdWords(グーグルアドワーズ)広告などのリスティング広告です。広告費についてですが、インターネット広告の代理店の多くは’広告費の何%’というかたちで手数料を取っています。しかし、なかには、固定制で行っている企業もあります。(ここでは、あえて企業名は伏せておきます・・・)

費用対効果バッチリ!その理由とは

 先ほども述べたように、PPC広告はクリック回数に応じて広告費が加算されます。広告をわざわざクリックしてくれるユーザーは、その広告に興味をもっている「見込み客」の可能性が高いですよね?PPC広告では彼らのアクションに対して費用を支払うだけなので、無駄な予算をかけずに済みます。さらに費用対効果を高めるには、ユーザーのニーズとマッチしたり、興味関心を抱かせたりするような広告を作り上げる必要があります。もちろん、広告だけではなく、リンク先のウェブサイトや各ページ、商品やサービス自体もより良いものへ改善していきましょう。

PPC広告の種類

 PPC広告は、おおまかに2種類に分けることができます。それは、「検索連動型」と「コンテンツ連動型」です。Yahoo!とGoogleを例に挙げて、ご説明しますね。

【検索連動型】
 「検索連動型」とは、「Yahoo!やGoogleなどの検索エンジンで、ユーザーがキーワードを検索して表示された検索結果ページに掲載されるPPC広告」です。これに該当するものが、Yahoo!プロモーション広告のスポンサードサーチ、GoogleAdWords(グーグルアドワーズ)広告のキーワードマッチです。

【コンテンツ連動型】
 「コンテンツ連動型」とは、「ウェブサイトのコンテンツページに掲載されるPPC広告」です。これに該当するものが、Yahoo!プロモーション広告のインタレストマッチとYahoo!ディスプレイアドネットワーク(YDN)、GoogleAdWords(グーグルアドワーズ)広告のディスプレイネットワーク(GDN)です。

 

参照元:

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter0

おすすめの記事

J&B LABO で扱っているテーマ一覧

Copyright 2017 J&B LABO. All rights reserved.