ウェブビジネスの教科書サイト

    facebook Twitter RSS
ちょっと待った!その商材、リスティング広告で掲載できますか?

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter0

そこのリスティング広告を検討の皆さん。
リスティング広告は、商材によっては広告を配信できないということは知っていますか?

やる気まんまんでGoogleAdWords(グーグルアドワーズ)やYahoo!プロモーション広告に登録してみたり、リスティング広告の代理店に問い合わせてみたりしたものの、「貴社の商材はリスティング広告では取扱えないですよ」なんて言われたらテンション下がりますよね。

リスティング広告で掲載できる商材なのか?
もし掲載できなかったらどうしたらいいのか?

今回の記事ではリスティング広告のそんな不安にお答えします!
※(2016年7月時点の内容となります。広告掲載ポリシーや広告掲載基準は都度変更されることがあります。)

リスティング広告で掲載できないものは

GoogleAdWords(グーグルアドワーズ)・Yahoo!プロモーション広告では以下の広告掲載ポリシーや広告掲載基準が定められています。

【GoogleAdWords(グーグルアドワーズ)】

・偽造品:
商標やロゴをそのままコピーしたり、ほとんど区別がつかないように真似たりしている商品など

・危険な商品やサービス:
ドラッグ(麻薬やハーブ)、向精神薬、薬物の使用器具、武器および兵器、銃弾、爆発物や花火、危害を与える物品(爆発物など)の作成手順、タバコ関連商品など

・不正な行為を可能にする商品やサービス
秘密裏に行われる盗聴や盗撮などの監視装置、ハッキングソフトウェアやハッキングの手順、広告やウェブサイトのトラフィックを人為的に水増しするサービス、偽造文書、学問の不正行為サービスなど

・攻撃的または不適切なコンテンツ
個人や団体を対象としたいじめや脅し、人種差別、差別扇動団体が利用する道具、犯罪現場や事故現場の生々しい画像、動物への虐待、殺人、自傷行為、ゆすりや恐喝、絶滅危惧種の販売や取り引き、公の場の不適切な言葉を含む広告など

【Yahoo!プロモーション広告】

・法令に違反する、または違反する恐れのあるもの

・社会規範、公序良俗に反するものや、他人の権利を侵害するもの:
誹謗中傷・名誉毀損するもの、知的財産権を侵害するもの、プライバシーを侵害するもの、他人を差別・人権を侵害するもの、セクシュアルハラスメントとなるもの、詐欺的なもの・悪徳商法とみなされれるもの、投機心を著しく煽るもの、非科学的・迷信に類するもの、犯罪を肯定・美化・助長するもの、反社会的勢力によるもの、醜悪・残虐・猟奇的なもの、露骨な性に関する表現、サービス・商品の内容が不明確、業界で定めるガイドラインを違反しているものなど

・性的コンテンツ:
成人を対象とした性的な商品・サービス、児童ポルノを連想させるもの、売春・援助交際のあっせんまたはこれを正当化・推奨するもの

・医薬品・薬物:
国内で承認されていない医薬品・医療機器、脱法ドラッグ・合法ハーブ等と称されるもの

・偽造品:
偽ブランド品などのブランド商品の模倣品、偽造品

・武器:
銃器、弾薬、刃物、催涙スプレー、スタンガンなどの主に武器として使用するもの

・無限連鎖講、連鎖販売取引:
ねずみ講・マルチレベルマーケティング・ネットワークビジネスなどへ勧誘したり紹介したりするもの

・盗聴盗撮目的のもの:
超小型カメラなど

・クレジットカードのショッピング枠現金化サービス

・入札権購入型オークション:
ペニーオークションなど

・たばこ、電子タバコ

・マジコン

リスティング広告で掲載できるが制限のあるもの

リスティング広告では掲載ができないものとは別に、掲載は許可されているものの広告やサイトに条件が多く、審査に通りにくい商材もあります。

条件さえ満たせば広告を配信できるのですが、何度も審査に落ちて広告配信が停止してしまったり、サイトの修正が必要になってきたりなど、少し注意が必要です。

【GoogleAdWords(グーグルアドワーズ)】

・成人向けコンテンツ:
オフラインの風俗業、アダルトグッズ、デートサービス、国際結婚あっせんサービス、性的なものを連想させるサービス、肌の露出やヌードを含む画像

・アルコール飲料:
ビール、ワイン、日本酒、蒸留酒、ハードアルコール、シャンパン、酒精強化ワイン、ノンアルコールビール、ノンアルコールワイン、ノンアルコール蒸留酒など

・著作権で保護されたコンテンツ

・ギャンブル関連コンテンツ:
カジノ(実際の賭博場)、ポーカーやビンゴ、ルーレット、スポーツイベントを対象に賭けができるサイト、公営や私営の宝くじ、スポーツ賭博のオッズ集計サイト、ギャンブルサイトのボーナスコードやプロモーション特典を提供するサイト、カジノをベースとしたゲームに関するオンライントレーニング資料、「遊びのポーカー」ゲームを提供するサイト、カジノをベースとしていないキャッシュゲームサイト

・ヘルスケア関連コンテンツ:
市販薬、処方薬と処方薬に関する情報、オンライン薬局とオフライン薬局、妊娠や生殖能力に関する商品やサービス、医療サービスと医療処置、医療機器や医学検査、臨床試験の被験者募集、生殖能力増強治療

・政治関連コンテンツ

・商標:
商標権所有者による申し立てによってテキスト広告で使用が制限される

・金融サービス:
資金運用や投資に関連するサービス

・その他の制限つきビジネス:
Googleが商品やサービスについて不審な事業者による悪用の恐れがあると判断を下した場合(一部の資金提供や寄付、一部の無料のPCソフトウェアの宣伝など)

【Yahoo!プロモーション広告】

・貸金業

・金融商品取引業、商品先物取引業

・国家資格を有する業種:
弁護士、司法書士、行政書士、弁理士、公認会計士、税理士など

・旅行、旅行業

・留学サービス業

・アルコール飲料

・ギャンブル関連:
公営競技(競馬・競輪・競艇・オートレース)、カジノ、パチンコ、マージャン

・オンラインゲーム

・懸賞、お小遣いサイト

・医療関連、美容関連:
医療機関、身体機能検査関連キット、医療機関などによる医療技術の紹介、美容、エステティック、治験者の募集、製薬会社などによる治療方法の紹介など

・マッサージ、リラクゼーション関連:
あん摩マッサージ指圧、はり、灸、柔道整復、整体、気孔、アロマテラピー、カイロプラクティックなど

・人材派遣業、職業紹介事業

・代理店募集、フランチャイズ経営者募集

・古物営業、古物商、古書買取等古物営業法が適用される事業

・探偵業

・私設私書箱

・連帯保証、保証人あっせん事業

・教育関連事業(学校を除く)

・能力開発関連商材、情報商材

・出会い系サイト、結婚紹介業、お見合いパーティー業

・開運・魔よけなどの商品・サービス、占い

・クーポン共同購入

・商品の価格やサービスの内容を複数掲載し、比較ができるサービス(ランキングなど)

・アプリケーションソフトウェアの提供

・ナイトワーク求人

・法人名簿売買

・薬事法に抵触する可能性のあるもの:
医薬品、医薬部外品、医療機器、薬用化粧品、化粧品、食品、健康食品、健康器具

・政治、宗教に関するもの:
宗教、選挙、政党、官公庁、政府広告、意見広告

・募金、寄付金の募集

リスティング広告で掲載できない・掲載に制限のあるものまとめ

GoogleAdWords(グーグルアドワーズ)よりもYahoo!プロモーション広告の方が、掲載NGであったり、配信に制限がかかるであったりが、はっきり具体的に明言されているものが多いようですね。

GoogleAdWords(グーグルアドワーズ)もYahoo!プロモーション広告も、法令や公序良俗に反するものは基本的に掲載NGのようです(当たり前といえば当たり前ですが)。

また、「政治と宗教と野球の話はするな」なんてよく言いますが、リスティング広告でも政治・宗教に関しての広告には配信はできても制限がかかりやすいようです。
さらに、アダルトコンテンツやギャンブルなど広告の世界だけでなく一般的に年齢の制限がかかるものや、薬事法や古物営業法などその業界に独自の法令が存在するものも、広告を配信できても制限がかかるようです。

リスティング広告で掲載できない場合はどうしたらいいの?

リスティング広告を掲載しようとしたところ、掲載できないものだったり、掲載できるものの審査が厳しく配信できなかったりしたら、どうしたら良いのでしょうか?

まず、掲載できるものの、審査に通らないものに関してはGoogleやYahoo!の各媒体側に、審査に通らない原因となっている箇所と、具体的な修正方法について聞いてみましょう
サイト内の画像を1枚消したり、掲載している情報を追加したりするだけで、審査に通る場合もあります。

そして、そもそもリスティング広告では掲載できないものや、審査落ちの原因箇所の修正ができないものは、リスティング広告以外のweb広告を検討してみてはいかがでしょうか?

Facebook広告やTwitterプロモなどのSNS上に掲載する広告や、FreakOutやMicroAdなどが提供するDSP広告、A8.netや楽天などが提供するアフィリエイト広告など、web広告の種類は様々です。
それぞれ掲載ポリシーや掲載基準を設けているので、リスティング広告では広告を配信できなかったものの、別の広告では配信できる場合もあります。

また、webを用いた集客の方法は広告だけに限らないということを忘れてはいけません。

リスティング広告の代理店の中でも、リスティング広告一本に絞っている代理店もありますが、中にはリスティング広告に限らず、webマーケティング全般について支援を行う企業もあります。

問い合わせの際に、
「リスティング広告で審査が通らない」
「そもそもリスティング広告で掲載できない商材だ。しかし、どうにかしたい」
と相談してみましょう。
それでも一緒になって解決策を探してくれる代理店なら信じてみてもいいのではないでしょうか?

弊社でもリスティング広告の審査落ちについてのご相談や、リスティング広告以外のwebを使った集客のご相談も承っております。
一度お気軽にご相談くださいませ。一緒に解決方法を探していきましょう。

参考:

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter0

おすすめの記事

J&B LABO で扱っているテーマ一覧

Copyright 2017 J&B LABO. All rights reserved.