ウェブビジネスの教科書サイト

    facebook Twitter RSS
インフィード広告のクリック率3.5倍UP『掲載順位』が明暗をわける!

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter0

今最も熱い広告、インフィード広告。Yahoo! JAPANのTOPページにあるニュース記事欄やSNS、アプリなどに表示するスマホユーザーの刈り取りに特化した広告が「インフィード広告」です。(詳しくは『インフィード広告とは』の記事をご覧ください。)

前回はインフィード広告を最大活用する戦略をご提示いたしましたが、施策を打つ際に必ず見るべき「指標」があります。それが「ビューインプレッション」と「掲載順位」です。

見るべき指標その1「ビューインプレッション」

ビューインプレッションとは、ユーザーの視認領域に広告が表示されたときのインプレッションのことで、2014年秋頃、Yahoo!プロモーション広告に「ビューインプレッション」という新たな指標が追加され、実際に「ユーザーが広告を見た」回数を計測できるようになりました。

ちなみに、ビューインプレッションは、広告面積50%以上が1秒以上表示されたときに「1ビューインプレッション」とカウントされます。

今後はビューインプレッションに着目することも同等に重要だといえるでしょう。

< 各指標と定義 >

 

type-of-view-impression

 

ビュー計測対象インプレッション数
 ビューインプレッション数が計測可能なインプレッション数

ビューインプレッション数
 実際にユーザーの視認領域内で広告が表示された回数

ビューインプレッション率
 ビュー計測対象インプレッションに対するビューインプレッション割合

ビュークリック数
 ビューインプレッションのうち広告がクリックされた回数

ビュークリック率
 ビューインプレッションに対して広告がクリックされた割合

ビュークリック数とクリック数の間に生まれる数値の乖離

レポート等で実数値をご覧になっているWeb担当者さんは疑問に思われているかもしれませんが、ビュークリックとクリックには多少なりとも数値に乖離があります。

▽各指標における数値の乖離

 

infeed-ad-rank-data

 

※上記データは一例です。

ビュークリック数とクリック数に大きく差が開いてしまう要因としては、つまり、インプレッションは広告が表示された回数を指し、ビューインプレッションはインプレッションのうち実際にユーザーの目に入った回数ですので、クリック数とビュークリック数には乖離が起きるためです。

すべての広告がビューインプレッションの計測対象になっている訳ではなく、ビューインプレッション=インプレッション、もしくは、ビュークリック=クリックではないという点も忘れてはなりませんね。

ビュークリック数やビューインプレッション数が少ないときは、ページ下部へスクロースされていたとしても広告の間には通常の記事が複数流れているため、単にユーザーの視認領域に広告がないことが考えられます。広告と広告の間に、10記事が挟まれている場合もありますので、配信状況を実際に目視してみるというのも一つの確認方法かもしれません。

見るべき指標その2「掲載順位」

インフィード広告はユーザーの視認領域に表示されずともインプレッションと判断されますが、「上位掲載する広告」と「下位掲載する広告」のパフォーマンス比較により「掲載順位」の重要性が明らかになりました!

▽インフィード広告の掲載順位別パフォーマンス

 

infeed-ad-rank

 

※商材や時期要因等により数値が変動する場合がございます。
※インフィード広告の掲載枠は20枠です。

掲載順位1位の広告は3位に比べてクリック率が約3.5倍高く、14位以下は残念ながらユーザーにほぼ見られないという結果になりました。つまり、1位に掲載することでクリック率が約3.5倍になる可能性があるということです!

1つでも多くのクリック数を集めるために上位掲載することを推奨します。

「掲載順位」がインフィード広告の明暗を分ける

当記事をご覧になっていただき、広告を上位掲載していかないとクリック率が下がる傾向にあるため、インフィード広告においては「掲載順位」がいかに大切な指標であるかお分かりいただけたかと思います。

スマホでニュース記事を閲覧するタイミングとしては、通勤・通学やお昼休憩、就寝前などが多いのではないでしょうか?

時間帯ごとに広告の配信比率を変えるなど、掲載順位をコントロールしてインフィード広告を最大活用していきましょう。

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter0

おすすめの記事

J&B LABO で扱っているテーマ一覧

トップへ

検索

メルマガ購読