ウェブビジネスの教科書サイト

    facebook Twitter RSS
AdWords(アドワーズ)とAnalytics(アナリティクス)の連携でこれだけ変わる!リスティング広告を配信するなら必須の設定【アカウントの連携】

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter0

数多くのサービスを世の中に提供しているGoogle。
同じ企業のサービスだからこそ、サービス間での連携が可能な場合があります。

リスティング広告のGoogleAdWords(グーグルアドワーズ)と、webサイトのアクセス解析のGoogleAnalytics(グーグルアナリティクス)。
これらの2サービスの相性が良いのは想像に難くないでしょう。
GoogleAdWords(グーグルアドワーズ)とGoogleAnalytics(グーグルアナリティクス)のアカウントを連携すると、どのようなメリットがあるのかを理解し、連携の方法をしっかりマスターしましょう。

 


GoogleAdWords(グーグルアドワーズ)とGoogleAnalytics(グーグルアナリティクス)連携のメリット

GoogleAdWords(グーグルアドワーズ)とGoogleAnalytics(グーグルアナリティクス)
のアカウントを連携すると、次のようなメリットがあります。

①ユーザーが広告からwebサイトに流入して離脱するまでの一連の動きを、GoogleAdWords(グーグルアドワーズ)およびGoogleAnalytics(グーグルアナリティクス)上で観測できる。

②GoogleAnalytics(グーグルアナリティクス)で設定した目標やeコマーストランザクション、リターゲティングリスト、指標(直帰率、平均セッション時間、ページ/セッションなど)をGoogleAdWords(グーグルアドワーズ)で利用できる。

GoogleAdWords(グーグルアドワーズ)だけでは、ユーザーがどのような検索語句で、どの地域からwebサイトに流入し、結果としてコンバージョンに至ったか至らなかったかを計測することができますが、webサイトに入ってからの動きまでは追うことができません。
どのページがよく見られているのか、どのページがよく離脱されてしまうのかまでは追うことができないのです。

しかしGoogleAnalytics(グーグルアナリティクス)と連携させることで、あるキーワードから流入したユーザーはどのページをよく見るのか、ページ/セッションが多いユーザーはどのキーワードからの流入なのか、など細かいデータを採ることができます。
もちろん連携しているため、それらのデータはGoogleAdWords(グーグルアドワーズ)上でもGoogleAnalytics(GoogleAnalytics)上でも相互に見ることができます。

またGoogleAdWords(グーグルアドワーズ)で配信できるリターゲティング広告は、通常リターゲティングタグを設置しているページのうちいずれかに訪れたことのあるユーザー全員に対して配信されます。
しかしGoogleAnalytics(グーグルアナリティクス)と連携することで、「特定のページに至ったユーザーのみ」や、「webサイト上のある特定のボタンをクリックしたユーザーのみ」など細かくセグメントを切ったリターゲティングが可能になります。

③GoogleAnalytics(グーグルアナリティクス)のマルチチャネルレポートに表示されるデータが増える。

ユーザーがコンバージョンに至るまでに、どのようにそのサービスに関わったことがあるかか、確認しているでしょうか?
例えば自然検索からサイトに流入し、そのままコンバージョンに至ったユーザがいるとしましょう。
そのコンバージョンはすべて自然検索の成果として考えてしまってもいいのでしょうか?

もしかしたらコンバージョンに至った流入の前に、リスティング広告やSNSなど、他の流入元からwebサイトに入り、そのサービスを知り、検討期間を経てからコンバージョンに至っていたのかもしれません。
コンバージョンの直前の流入だけを見ていれば、コンバージョンは自然検索から取れていて、リスティング広告では取れず、ただの広告費の無駄になっていると判断してしまうかもしれません。
しかし、そこでリスティング広告の配信を止めてしまうと、結果として自然検索からのコンバージョンがなくなってしまう可能性があるのです。

このようにユーザーが最初にwebサイトに流入してからコンバージョンに至るまでの過程を追うことができるのがGoogleAnalytics(グーグルアナリティクス)のマルチチャネルです。
マルチチャネルでは、自然検索・他のwebサイト上のリンクからの流入・ノーリファラー(お気に入り登録してサイトに流入している場合やURLを打ち込んで流入している場合)であれば自動的に計測されます。
一方でGoogleAdWords(グーグルアドワーズ)やYahoo!プロモーション広告などの有料検索からの流入や、その他にパラメータを用いて流入元を計測するカスタムキャンペーンからの流入の場合、別途設定を行わなければ計測されません。
GoogleAdWords(グーグルアドワーズ)を計測する場合に連携が必要となります。

GoogleAdWords(グーグルアドワーズ)とGoogleAnalytics(グーグルアナリティクス)の連携方法

それでは肝心の連携方法について触れていきたいと思います。
方法は簡単なので心配はいりません。

①まずはGoogleAnalytics(グーグルアナリティクス)にログインし、管理タブの「プロパティ>他サービスとのリンク状況>AdWordsのリンク設定」をクリックします。

 

connect-googleadWords-from-googleAnalytics

 

②「+新しいリンクグループ」のボタンをクリックします。

 

create-a-new-link

 

③GoogleAnalytics(グーグルアナリティクス)にログインしているアドレスに紐づけられたGoogleAdWords(グーグルアドワーズ)のアカウントが一覧で表示されます。
連携させたいアカウントのチェックボックスにチェックを入れて次に進みます。

 

select-the-account-you-want-to-link

 

④GoogleAnalytics(グーグルアナリティクス)アカウントのビューが一覧で表示されるので、連携を行いたいビューを選択し、一番下の「アカウントをリンク」のボタンをクリックします。

 

link-group-setting

 

これだけでGoogleAdWords(グーグルアドワーズ)とGoogleAnalytics(グーグルアナリティクス)が連携されました。
とても簡単です。
裏側では難しいシステムが絡んでいるのでしょうが、Googleがわざわざ連携できるようにしてくれているのですから、設定しないのは勿体ないですね。

さらななる改善のために連携は必須!

webサイトの運営をしていく上で、GoogleAdWords(グーグルアドワーズ)とGoogleAnalytics(グーグルアナリティクス)の連携は必須の作業といえるでしょう。
アカウントを作った最初の段階で連携を済ませておくのをおすすめします。

参考:

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter0

おすすめの記事

J&B LABO で扱っているテーマ一覧

Copyright 2017 J&B LABO. All rights reserved.