ウェブビジネスの教科書サイト

    facebook Twitter RSS
【施策】無料お試しを追加しよう

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter0

施策の内容

いつの時代でも「無料」という響きはユーザーにとって甘い果実に見えます。まずは「無料お試し」を用意してサービス・商品を体験してもらい、その後の有料ユーザーに繋げる方法もあります。 

施策のデータ

Neil Patelがリリースしたアクセス解析ツールであるTraffic Systemでは「無料お試し期間」を導入したことで利用登録が2倍にも膨れ上がりました。その後、無料期間内に退会したユーザーは33%でした。つまり、結果的には32%有料ユーザーが増加した(元々月間の登録ユーザーが100人であったとしたら132人にまで増えた)ことになります。 

参考

必見!コンバージョン率の改善には無料試用期間?それとも返金保証?』(J&B Labo)

 

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter0

おすすめの記事

J&B LABO で扱っているテーマ一覧

トップへ

検索

メルマガ購読