ウェブビジネスの教科書サイト

    facebook Twitter RSS
【施策】CTAボタンの文言を変更しよう

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter0

施策の内容

CTAボタンの文言を複数パターン作って、A/Bテストをしてみましょう。たとえば、ECサイトであれば「購入する」、「カートに追加する」、「クリップする」等の文言を試してみることが出来ます。 

施策のデータ

以下ではオバマ大統領が2008年に行った選挙キャンペーンでの事例を紹介します。オバマ大統領候補は2008年にメルマガ登録サイトのCTAボタンに関して、以下の4つの文言をテストしました。

  • Sign Up(登録する)
  • Learn More(もっと情報を見る)
  • Join Us Now(今すぐ参加する)
  • Sign Up Now(今すぐ登録する)

以下の上段がその結果です。obama“Learn More”がコンバージョン率8.91%で、7%台の他の3つを大きく突き放しているのがお分かりいただけるでしょう。 

参考

日本のネット選挙は6年遅れ!オバマ大統領による7つのA/Bテスト、ウェブ活用事例を一挙紹介!』(J&B Labo)上記のオバマ大統領の選挙キャンペーンに関する事例などを紹介しています。

ランディングページの簡単な改善で成約率が大幅に上がった5つの事例』(バズ部)「2.?CTAの文言とバリエーションの変更事例」にて文言変更の事例が紹介されています。

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter0

おすすめの記事

J&B LABO で扱っているテーマ一覧

トップへ

検索

メルマガ購読