ウェブビジネスの教科書サイト

    facebook Twitter RSS
ユニークユーザー(UU)とは

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter0

ユニークユーザーについて説明します。

ユニークユーザーとは

 ウェブサイトまたはウェブサイト内の特定のページを訪れたユーザー数のことを言います。1人のユーザーが同じウェブサイト、ウェブサイト内の特定のページを何度も訪れても、ユニークユーザーの数は1となります。Unique User からUUと略されます。

 

UUの集計注意点

 ウェブサイト、ウェブページの閲覧数を表すページビュー(PV)や、測定期間中の訪問数を表すセッション数とは異なり、UUは純粋な訪問者数を把握するために用いられる指標です。各々の定義や意味の違いを把握し、活用する必要があります。その理由は、1人のユーザーが「サイト内の複数のページに興味を持って閲覧をした」または「何度もサイトに訪れた」という経緯のうえ、コンバージョンに至ったとします。この場合、コンバージョンを計測する指標が、閲覧回数か訪問者数かでその数値が大きく異なる為です。
 PVとセッション数、UU数の測定事例を紹介します。あるサイトにAさんとBさんが訪問したとします。

・Aさん:
 1/1に4ページ閲覧⇒1/2に4ページ閲覧
・Bさん:
 1/2に3ページ閲覧
   ↓
・UU数 2UU
・セッション数 3
・PV数 11PV

 つまり、UUはサイトに訪れた純粋な数を、セッションは訪問したサイトの数を(測定時間の条件あり)、PVはサイト内のページを訪問した数を測定します。

UU集計方法

 集計方法は様々ですが、主な集計方法は3つあります。

1.IPアドレス
2.ホスト名
3.cookie

 この3つの集計方法の違いをご紹介します。

1.
 1ユーザーがパソコンを2台利用し同じウェブサイトを訪問した場合UU数は2と集計されます。

2.
 1台のパソコンから異なる2つのブラウザで同じウェブサイトを訪問した場合にも、UU数は2と集計されます。またスマートフォンとPCなど、異なる端末でも同様の結果となります。

3.
 アクセス解析ツールの定番であるGoogleAnalytics(グーグルアナリティクス)ではcookieで集計します。ウェブサイトに訪れたブラウザにcookieを発行し重複しないように判別します。cookieを拒否した場合には正確な集計を行うことができません。
 クッキーはブラウザに付与されるので、仮に同じユーザーがInternet ExplorerとChromeそれぞれでサイト訪問すれば2UUとなります。

 今回の記事はUUとその他指標の差異、UUの集計方法を紹介しました。どの指標がどのような特性を持ち、どのように活用すれば最適なのかを理解し、使い分けることをおすすめ致します。

 

参照元:

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter0

おすすめの記事

J&B LABO で扱っているテーマ一覧

トップへ

検索

メルマガ購読