ウェブビジネスの教科書サイト

    facebook Twitter RSS
KGI(重要目標達成指標)とは

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter0

KGIについて説明します。

 

KGIとは

 Key Goal Indicatorの略称です。組織やプロジェクトが、達成すべき目標を定量的な指標で表したものです。抽象的な目標ではなく、どの期間で、どの指標が、どのレベルに達成したら目標達成とみなすかを具体的に(数値化して)定義したものです。また、その指標自体を指すこともあります。KPI(重要経営指標)と合わせて使われることが多いです。簡略化すると、KGIは最終目標。KPIはその中間目標ということができます。

 

KGI設定事例

 定めた目標を可視化するために、目標の数値化という手段があります。具体的な数字を目標とし、サイトの目的を明確化することができます。また、KGIは最も重要なものひとつに絞ります。
 KGIの設定事例を挙げます。

・年間の売上1億円
・半年後の月間平均PV数を10,000PV
・年間の問い合わせ件数を20,000件数・・・など

 このように最重要目的を数値化します。

KGI設定の考え方とKPIとの関係

 例えばウェブサイトを運営するなら、そこにはその目的と役割が存在します。その目的を具体化する際にKGIの設定は重要になります。まずは目的を明確にし、数値化します。数値化するうえでの注意点は、いつ、何を、どの程度達成するかを明確にすることです。数値化したKGIを元に、行ってきた施策の良し悪しを客観的に判断することができます。
 また、その判断材料のひとつにKPIもあります。KGI達成に向かってプロセスが適切に実施されているかどうかを中間的に計測するのが、KPIだといえます。そのため、まずはKGIを明確化したうえで、プロセスごとのKPIを設定することが重要です。
 ぶれないKGIと柔軟なKPIを上手く設定し、よりよい施策を打てるような環境を整えることをおすすめします。

 

参照元:

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter0

おすすめの記事

J&B LABO で扱っているテーマ一覧

Copyright 2017 J&B LABO. All rights reserved.