ウェブビジネスの教科書サイト

    facebook Twitter RSS
クリック率(CTR)とは

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter0

クリック率について説明します。

クリック率とは

 クリック率は、Click Through RateからCTR と略されます。CTRは次の式で表されます。

 CTR = クリック数 ÷ インプレッション数(imp)

 つまりCTRとは、広告が表示された回数のうちクリックされた割合のことです。例えば、掲載した広告が100回表示され、そのうち1回クリックされたとします。その場合クリック率は1%となります。

 

CTRで分かること

 CTRを知ることで、広告を目にしたユーザーのうちどの程度のユーザーが広告をクリックしウェブサイトに訪れたかが明確になります。つまりクリック率の高い広告はユーザーにとって有益で関連性が高いといえます。もし、インプレッション数は高いがクリック数が低いという悩みを持っていたり、広告掲載の目的がウェブサイトへのトラフィックを増加させることであるならばCTRを高めるよう、改めて施策を打ってみてはいかがでしょうか。
 また、インプレッション課金(CPM)の場合、広告が表示される回数(imp)に応じて課金されるため、CTRが高いほうがCPC(クリック単価)が低くなります。10,000回の表示回数に対する1クリックよりも1,000回の表示回数に対しての1クリックの方が、1クリックあたりのコスト負担は少ないですので。つまり、ターゲットユーザーが同じクリック課金の場合と比較すると、CPMの方がCTRが高い分同じ予算でより多くのユーザーをサイトへ誘導することができるということになります。この事例のように、何を比較対象にし、どのような戦術を組み、いかに結果を出すかが重要となってきます。

CTRを向上させるには

【GoogleAdWords(グーグルアドワーズ)におけるCTR向上の施策とその手順】
1.何がCTRの障害になっているかを考えます。
 ユーザーが広告を目にしたのにも関わらずクリックしてくれないのは、ユーザーにとって有益な情報だと判断されなかったからだと考えられます。そのため、ユーザーにとって関連性の高い広告内容を考える必要があります。

2.ユーザーのニーズに関連した広告を考えます。
 GoogleAdWords(グーグルアドワーズ)では、広告の見出しや説明文、サイトURLなどの情報をある程度自由に設定できます。つまりユーザーにとって関連性の高い広告を作成することが可能です。
 まずは自分のサイトが、どのようなユーザーに利用されるのか、又はどのような情報を扱うサイトなのかを明確にします。そして、ターゲットユーザーに「このサイト見てみたい」と思わせるような広告文を作成します。ユーザーがサイトに足を運んでくれる為のきっかけになります。

3.広告文を作成するポイント
 ユーザーにとって関連性の高い広告文を作成することのメリットについてはご理解いただけたと思います。続きまして、広告文を作成するポイントを紹介します。
 広告文の限られた文字数でいかにユーザーにアピールできるかが重要となります。しかしその制限された文字数の中に「設定キーワード」を入れてください。「設定キーワードを広告文に入れる」ということがここでのポイントとなります。
 

CTR

  いかかでしょう。太字で表記されると、関連性の高さをアピールできることがご理解いただけましたか?

 今回の記事ではCTRを見直し、ウェブサイトへのトラフィックを増加させるための施策や考え方を紹介しました。CTRを向上させ、費用対効果の良い施策を打ち出すことをおすすめします。

 

参照元:

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter0

おすすめの記事

J&B LABO で扱っているテーマ一覧

トップへ

検索

メルマガ購読