ウェブビジネスの教科書サイト

    facebook Twitter RSS
DSPとは

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter0

DSPについて説明します。

DSPとは

 DSP(Demand Side Platform)とは、オンライン広告において、広告主(購入者)側の広告効果の最大化を支援するツールのことです。広告主が広告在庫の買い付けから配信、オーディエンスターゲティングなどを一括して管理できる広告配信プラットフォームの機能を提供します。
 オーディエンスターゲティングとは、複数のサイトでの行動履歴データ(閲覧履歴や検索履歴など)を複合的に分析し、生成される集団を対象に配信することを可能にした次世代型の広告手法のことです。
 広告主側を支援するDSPに対して、広告枠の販売側を支援するツールのことをSSP(Supply Side Platform)といいます。DSPやSSPは、純広のような特定のアドネットワークを経由せず、指定の媒体に掲載させるような1対1の売買ではなく、多対多で接続し、広告枠の競争入札を行うアドエクスチェンジ、およびRTB(Real Time Bidding)を実現します。

 

DSPを使った広告配信の流れ

1:ユーザーが広告配信媒体のページを訪れると、SSPを通じて「ユーザー情報」とともに広告購入の意思を問う「入札リクエスト」が各DSPに送られてくる。
2:広告側は、送付されたユーザー情報が広告主側の設定した条件と合致するかを判断し、合致した場合には、広告主が決めた価格で入札する。
3:SSP側では、各DSPから入札された広告のうち一番高く入札した広告が広告枠を落札し、指定価格で広告を配信することができる。

DSPのメリット

 「ターゲットユーザーへ最適な価格で、より効率的に効果の高い広告を配信できる」ところです。今まで広告主が広告出稿を行う際、媒体属性からターゲット層を想定し、広告を枠ごとに購入していました。個々に広告枠を購入・配信し、さらに広告配信結果を個別に分析することは時間もコストもかかるため、課題となっていました。さらに、広告枠の価格は媒体側が決めるので、広告主にとって、希望価格と異なる料金を支払うことも少なくありませんでした。
 そこで、DSPを利用し、SSPとの間で、広告一表示ごとに価格を決め、ユーザーの行動履歴や属性を元に適切なターゲット配信をすることのできるRTBを利用することでそれが可能になりました。また、「必要な時に必要な分だけ広告を配信できる」という点も特徴です。

主要なDSP会社

 日本最大級のネットワーク規模を誇る広告配信サービスで、サイバーエージェントグループのMicroAdが運営しています。国産のDSPとしては最も早い時期に開始したサービスの1つで、運用の手間をかけずに自動でCPAを最適化するアルゴリズム型です。自社サイトへのタグ設置で、興味関心が近い人へのターゲティングが簡単に行えます。

 DSP専業のフリークアウトが運営しており、トレーディングデスクの実現 や多くの案件ベースで収益化をサポート、素早い連携作業が特徴です。アトリビューション分析やドメインマッチ、レコメンドバナー配信等、機能が多彩です。

 DACが提供する大型アドネットワークとリスティング広告の一括運用管理を実現した、国内初のアドマーケットプレイスです。CPA自動最適化やCPCでの入札機能があります。

 

参照元:

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter0

おすすめの記事

J&B LABO で扱っているテーマ一覧

トップへ

検索

メルマガ購読