ウェブビジネスの教科書サイト

    facebook Twitter RSS
404エラーとは

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter0

404エラーについて説明します。

404エラーとは

・HTTP 404
・Not Found
・ファイル未検出
・ページが見つかりません
 404エラーを含む上記はインターネットのホームページが開けないときに表示されるエラーメッセージです。いろいろな呼び方や表記がありますが、結局のところ「ホームページ(のデータ)が見つかりません」という意味です。
 ウェブサーバーの中に指定されたURLに対応するデータがないと、「このページが見たい」という命令に対して送り返すことができません。そのため、ホームページのデータの代わりに「404 Not Found」といったメッセージを送り返します。これを一般に「404 エラー」と呼んでいます。404はエラーの番号です。
 普通は、ブラウザーに用意されている無愛想なメッセージが出ることが多いですが、独自に親切なメッセージや面白いメッセージを用意して表示させることもできます。個人ホームページでは、ホームページの移転案内などをわざわざ404エラー風にして遊んでいることもあります。

 

404エラーが出る理由

  • URL(ホームページのアドレス)の入力ミスがあった可能性
  • そのページが削除されてしまった可能性
  • ウェブサーバーの中でデータの保存場所が変更された可能性

ちょっとおもしろい404エラーページ

 

株式会社サクラクレパス

 

 自社製品の消しゴムもちゃっかり宣伝しちゃっています。

 

おしい!広島県

 

 404ページも面白いですが、HP自体も様々な工夫がこなされていて、サイト自体面白いものになっていました。

 

masswerk

 

 このサイトの404ページでは実際にゲームをすることができます。

 

参照元:

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter0

おすすめの記事

J&B LABO で扱っているテーマ一覧

トップへ

検索

メルマガ購読