ウェブビジネスの教科書サイト

    facebook Twitter RSS
リッチメディア広告とは?

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter0

リッチメディア広告とは? 

リッチメディア広告とは?

リッチメディア広告とはテキスト広告よりも幅広い表現を可能にした、インターネットネット広告の1種です。これまでの静止画像やテキストによる広告とは違い、動画や音声などで広告を提供します。一般的にはHTML 、Flash 、動画を使用して、ユーザーとのインタラクティブ性を持つ広告が多いようです。リッチメディア広告を作成するにはまず広告を作成する時点でリッチメディア広告にするかどうかオプションとして選んで注文する場合があります。またリッチメディア広告だけを作ることができる広告業者もあります。リッチメディア広告は最近珍しいものではなくなり費用も安く済むようになりました。PCの容量が全体的に大きくなったことによってリッチメディア広告を視聴できるユーザーが増えたことも、リッチメディア広告が普及した要因の一つです。またクリックによってアンケートに参加するなどユーザーの参加が可能でしかも簡単という点が大きな長所です。高い技術を利用し、いかにユーザーに訴求するかを考えて作られた表現力の高い広告と言えるでしょう。リッチメディア広告は必要とする容量が高いのでPC以外では見られない場合があります。特にフラッシュ広告、動画広告の容量はテキスト広告等と比べて何倍にもなります。ですから携帯向けの広告には不向きでソフトによっては配信自体出来ないようになっています。しかし現在PCの保有率は政府の調査では70%を超えています。ほとんどの家庭で動画広告やフラッシュ広告を視聴できるといってもよいでしょう。テレビの宣伝効果よりもインターネットの広告を利用する人の数が多いという調査結果もあります。特に何か欲しい商品があるとき、まずは検索エンジンで、という人は90%にもなります。リッチメディア広告をユーザーに見てもらう方法としてページに掲載することはもちろん、メールで送ることもできます。ただしリッチメディア広告が常にユーザーに好まれるというわけではありません。なぜなら、人によっては音楽や映像で疲れてしまうことがあるからです。効果的に使用すれば視覚的聴覚的にも訴えることができるので戦略的に使用しましょう。

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter0

おすすめの記事

J&B LABO で扱っているテーマ一覧

トップへ

検索

メルマガ購読