ウェブビジネスの教科書サイト

    facebook Twitter RSS
ランディングページとは?

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter0

ランディングページについて解説しています。 

ランディングページとは?

ユーザーがサイトに初めて到着したページをいいます。別名、着地ページとも呼ばれます。ユーザーはいつもサイトのトップページからアクセスするとは限りません。各ページにリンクが設けられている場合など、どのページからでもアクセスする可能性があります。インターネット広告から、ということもありえます。トップページを含む、Webサイト全体がランディングページになりえます。しかしここで注意して欲しいのがユーザーがランディングページをみてサイトにとどまるかということです。ユーザーは急いでいることが多く、パッと見てアクセスしたページに目的のアイテムがなさそうだ、と思ったらすぐに戻ってしまいます。例えばミネラルウォーターを買おうと思って『ミネラルウォーター』と書かれた広告にアクセスしたとします。ところがアクセスしたサイトが飲料水の通販サイトでさらにサイト内のフォームにミネラルウォーターと入力し直さなければ商品が出てこないとしたら、ユーザーはブラウザバックで戻ってしまいます。ある調査では、ユーザーはほとんどが検索エンジンでアクセスしたランディングページから8秒以内に出て行っています。もし集客力はあるのにランディングページの質がそぐわないために顧客を逃しているとしたら、これほど残念なことはありませんよね。ましてや自分のページを出たあと競合するサイトにアクセスして顧客になるという可能性もあります。ユーザーがランディングページの時点で離脱してしまわないように工夫する必要があります。その工夫をLPOと呼びます。LPOとはLanding Page Optimizationの頭文字で、日本語ではランディングページ最適化という意味です。LPOはランディングページからの離脱をできる限り抑える為の対策です。ランディングページは、Webマーケティングにおいて重要です。検索エンジン広告やSEOなどとともに重要視されています。LPOはアクセスしたユーザーがすぐに利用できるようなランディングページを用意することを最大の目的とします。そうすることでアクセスしたユーザーが最短の時間で目的を達成する、つまりユーザーのコンバージョンの達成を助けます。いくらアクセス数が多くてもほとんどがランディングページで離脱しては利益は出ません。そこでアクセス数を確実にコンバージョンに変えるためにLPOは必ず行う必要があります。例えば、インターネット広告でのLPOは広告とランディングページを一致させるのが基本です。ユーザーがアクセスした目的を一クリックだけで見つけやすいように見つけられることです。これがCVR(コンバージョン率)の向上につながります。

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter0

おすすめの記事

J&B LABO で扱っているテーマ一覧

トップへ

検索

メルマガ購読