ウェブビジネスの教科書サイト

    facebook Twitter RSS
ユニークユーザーとは?

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter0

ユニークユーザーについて解説しています。 

ユニークユーザーとは?

インターネット上のサイト、ページを訪問した人の数を表す数字です。ユーザー数、またはユニークブラウザ数と呼ばれることもあります。似た言葉にページビューがあります。しかしページビューは、サイトまたはページが何度閲覧されたかを示す数字です。ですから実際に広告を見る人の数は何人なのかはわかりません。ユーザー一人で何枚ものページを見るのが普通です。これに対してユニークユーザーが一度にカウントされるのは一人です。同じサイトやページを同じ人が何度閲覧しても一人としてしかカウントされません。ですからページビューはユニークユーザーよりも多くなります。ユニークユーザーはいつまでも同じ人を一人としてカウントするわけではありません。ユニークユーザーを数える方法はCookieやIPアドレスを利用するのが一般的です。日が改まるとまたユーザーを新らしく1人の訪問者としてカウントし始めます。CookieやIPアドレスを利用しているところにユニークユーザーの弱点があります。家族でパソコンを共有している家庭などでは、いくら閲覧者が多くても一人もユニークユーザーとしてカウントされてしまいます。 

ユニークユーザーを利用するメリット

ユニークユーザーを知ると、そのサイトやページを見ている人の数がわかります。ですから実際に広告を見て、アクセスする可能性のある人間の数がわかるということです。広告を掲載するからには人気のあるページに掲載したいと思うのは当然です。ユニークユーザーを知ることで広告を見る人間がどれだけいるかをおおよそ把握することができるのです。ユニークユーザーはもちろん正確な人数ではありません。しかしページビューと組み合わせることで広告を掲載する価値のあるページかどうか、予想することができます。純粋にページの人気数を知るにはユニークユーザーが役に立ちます。しかしページビュー組み合わせることでより正確に人気を把握できるようになります。

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter0

おすすめの記事

J&B LABO で扱っているテーマ一覧

トップへ

検索

メルマガ購読