ウェブビジネスの教科書サイト

    facebook Twitter RSS
ブログのコメントへ返信することに、価値はあるのでしょうか?

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter0

※ライター:NEIL PATELの記事を和訳しています。

 

 あなたは、数千通ものコメントすべてに対応している私を見て、「それって本当に価値のあること?」と疑問に思うでしょう。今まで、私はQuick Sproutに寄せられた50,696のコメントに返信し、Quick Sprout以外のウェブサイトでも数千以上応じてきました。
 コメントを読んだり返信したりするのには、平均してちょうど1分ほどの時間がかかります。もちろん、たったの数秒間というときもありますが、複雑な質問をされる方が多く、ほとんどの場合は返信にかかるのは数秒間では済みません。
 それでは、すべてのコメントへ返信することについてのメリット・デメリットをお話ししますね。

トラフィック増加につながる

 ブログのコメントに返信する最も大きなメリットの1つとして、トラフィック(注1)の増加が挙げられます。その行為がスパム(注2)ではない確証がある、またはスパムと認識されない程度ならば、各ブログ記事にコメントをすればするほど、各ページにおけるテキスト量が多くなっていきます。
 ページのテキスト量が膨大になればなるほど、ロングテールキーワード(注3)が増えて、ブログ全体としての品質は高くランク付けされるようになります。これは、あなたのブログの総体的な検索トラフィックを増やしてくれるはずです。
 あなたが律儀にコメントへ返信し続けていれば、検索トラフィックが増えることに加えて、リピート訪問者が多くなっていることに気付くでしょう。ブログの読み手は、あなたの返信を楽しみに待ってくれて、その返信を見たいがためにもう一度ブログへ戻ってきてくれますよ。
 Quick Sprout、 KISSmetrics、Crazy Egg、この3つのマーケティングブログを解析すると、Quick Sproutのリピート訪問者が40.8%と、他の2つと比較して、割合が最も高いことが判明しました。 ちなみに、KISSmetricsは34.1%で、Crazy Eggは18.7%でした。後者2つは、すべてのコメントに一貫した対応をしていなかったため、コメントという点においてはさほど活発なブログではありません。

(注1)トラフィックとは、ウェブサイトやページへの訪問者数。
(注2)スパムとは、他人のメールアドレスを無許可で取得し、広告などの迷惑メールを送る行為。
(注3)ロングテールキーワードとは、ユーザーのニーズを絞り込んだ検索ボリュームが少ないキーワード。

売り上げに貢献する

 私も期待していなかった成果が1つだけ、コメントの返信は売り上げに影響を与えていることです。Quick Sproutでは、Quick Sprout 大学(注4)にメンバーシップを売り、費用の一部を補っています。面白いことに、メンバーシップを買った人の多くが、ブログにコメントをしてくれていたのです。
 以前にも、Quick Sprout 大学の大部分にあたる68.1%の学生が、ブログにコメントしてくれていました。おそらく、私の返信に対して感謝していて、私が提供する無料のコンテンツを高評価しているので、メンバーシップを買ってくれているのでしょう。
 なぜコメントをする人がメンバーシップをより購入しやすいのか、確かな理由はわかりません。コメントをする人の割合はわずか2%未満ではありますが、私はたくさんのコメントに励まされていることに偽りはございません。

(注4)Quick Sprout 大学とは、オンラインマーケティングを学べるコンテンツ。

ソーシャルシェアを増やす

 私は、ある2つのグループを調査しました。ブログにコメントするグループと、しないグループです。そして、彼らに簡単な質問をしました。「Quick SproutをTwitterかFacebookで拡散してくれますか?」と。
 その結果、コメントするグループでは2.94倍以上の人が拡散してくれたのです。
 あなたがコメントに返信することによって、さらに多くのコメントを促しているのです。あなたのブログのソーシャルシェアやソーシャルトラフィックを間接的に増やす助けとなるコメントを、です。つまり、検索トラフィックやリピート訪問者を増やせるだけではなく、ソーシャルトラフィックまで手に入れることになるのです。

トラフィックをコントロールできる

 ブログにコメントをするときはいつでも、コメント欄にURLフィールドがあるので、あなたの好きなページへ自由にリンクを張ることができます。

 

コメント欄

 

 私は、コメントに返信するときはいつも、quicksprout.comをURL欄に記載するようにしています。すぐ試せるテストなので、私が担当してもらっている開発者様に頼んで、50,696ものコメントに対する返信のリンク先を、ホームページからブログのAbout Pageへ変更してもらいました。
 その結果、私のAbout Pageに訪れるトラフィックが、1ヶ月あたり5,137も増えたのです。しかし、その代わりにホームページへのトラフィックが減ってしまっため、URLを元に戻しました。今回のテストで、トラフィックの一部をどこに送信するのかはコントロールできることだと証明されました。
 しばらくすると、ホームページへのトラフィックは増加しました。そして、1年間で、私の意図したページに61,644人もの訪問者を誘導できました。コメントに返信することは、重要なページのトラフィックを増やす手助けをしてくれるのですね。

多くの時間がかかってしまう

 私はコメントに返信するのに、1ヶ月あたり26時間を費やしています。長い時間のように思えないかもしれませんが、コメントに費やす時間は毎月の労働時間のおよそ半分に相当します。
 最後の数ヶ月は、短文の返信を心掛けてみると、ポストごとの平均コメント数が39%も減っていたことが明らかになりました。熟考して完成した返信は、投資に有益な見返りを生じさせると統計が示したので、私は短文の返信を書き直す作業に取り組まなければならなくなったのです。
 もし成功したいと思うなら、コメントへの返信は、ただの平凡な仕事という認識で終わってはいけません。返信にたくさんの時間を割く必要があり、人々が読みたくなるような内容を書きましょう。

結論

 総評して、私は、コメントへの返信は価値のあるものだと断言します。また、ブログのコメントだけではなく、製造関連ブログへのコメントにも返信するべきです。
 これらに影響されて、Crazy EggとKISSmetricsもコメントのいくつかに返信し始めたという事実でさえ、Quick Sproutが出した結論が大変すばらしいものだということを物語っています。まだ、Crazy EggとKISSmetricsはコメントへの返信を行ってから数ヶ月しか経過しておらず、結果を確認できていませんが、私は次の12ヶ月間でポジティブな成果を期待しています。

 さて、この記事を読んで、あなたはコメントへ返信することに対してどう思いましたか?私がこの記事で共有した情報から、この価値を一体どのように考えたでしょうか。

 

元記事:

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter0

おすすめの記事

J&B LABO で扱っているテーマ一覧

Copyright 2017 J&B LABO. All rights reserved.