ウェブビジネスの教科書サイト

    facebook Twitter RSS
ファーストビューとは

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter0

ファーストビューについて説明します。

ファーストビューとは

 ファーストビューとはユーザーがサイトに訪れた時に、最初に目に入る部分のことです。ちなみにスクロールしなくても見ることのできる範囲のことです。またパソコンとスマートフォンのように画面の大きさが違うデバイスによってもファーストビューの範囲が左右されます。

 

ファーストビューの重要性

 インターネットユーザーはサイトに訪問したときに、このサイトで自分にとって有益な情報を得ることができるかどうか一瞬で判断しています。この一瞬の時間は約3秒といわれています。この一瞬のうちにこのサイトは見やすく、有益な情報を載せているということをアピールするためにも、ファーストビューのサイトのデザイン、画像、フォントなどは重要といえます。

ファーストビューは都市伝説?!

 ファーストビューが重要ということは分かったけど、実際にどのような配置にしていけばいいのでしょうか。
 ユーザーがなかなかスクロールしてくれないから、ファーストビューで重要なメッセージが全部見えるようにするといいという考えがありますが、これは疑問視されています。スクロールはユーザビリティ上の大きな問題ではないということが明らかになったからです。訪問者はコンテンツがあることがわかっていたら、ちゃんとスクロールしてくれるし、その証拠にアイトラッキング(視線調査)でも、スクロールバーに視線が行ってページの長さを確認する行動が、多くのサイトで確認されているとのこと、それに加えてスマートフォンやタブレットなどの新しいデバイスではスクロールを指で簡単にできるようになったということも原因の1つと考えられます。

ファーストビューはどのようにすべき?

  • 訪問者の気持ちをつかまえる要素がファーストビューに入っている。
  • さらにその下にコンテンツがあることがユーザーにわかる。
  • 横に区切るデザインをするときは、ページが終わったと勘違いしないようにする。

 

 他にもページ内の一部分だけがスクロールするようになっていると、そちらはスクロールしてもらえない傾向があるので注意するべきです。重要なのはスクロールを妨げないように配慮してあげることです。
 ファーストビューでユーザーに刺さるキャッチコピーなどを検証するために、A/Bテストやヒートマップなどで解析してサイトを作ると、よりスクロールしてもらいやすくなり、結果的にコンバージョン率があがります。

 

 

参照元:

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter0

おすすめの記事

J&B LABO で扱っているテーマ一覧

Copyright 2017 J&B LABO. All rights reserved.