ウェブビジネスの教科書サイト

    facebook Twitter RSS
コンテンツターゲティング広告とは?

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter0

コンテンツターゲティング広告について説明しています。 

コンテンツターゲティング広告とは?

コンテンツターゲティング広告とは企業が掲載したい広告の商品やサービスに関わるサイトに表示される広告のことをいいます。
特にコンテンツターゲティング広告は広告の商品やサービスと関連性の高い話題を提供して、かつユーザーが多く集まるサイトに掲載されます。

コンテンツターゲティング広告はクリック課金式です。コンテンツターゲティング広告はPPC広告と似ていますが別のものです。PPC広告は検索結果表示画面にしか掲載されません。
コンテンツターゲティング広告はPPC広告とは違いサイトなどにも掲載されます。コンテンツターゲティング広告はPPC広告の仕組みを利用して考案されました。コンテンツターゲティング広告が表示されるにはまず、サイト内のコンテンツなどで頻繁に使われるキーワードを抽出します。そしてそのサイトにあるコンテンツの内容を判断して、即座にコンテンツ合う広告を探してくるというものです。
コンテンツターゲティング広告はクリック課金型なので企業は広告がクリックされないかぎり広告料を払う必要がありません。

 

コンテンツターゲティング広告を利用するメリット

これまでアプローチできなかった潜在的な見込み客に、効率よくアプローチできる。

コンテンツターゲティング広告を利用するメリットはなんといっても関心はあるが検索するほどではない、というユーザーに広告を見てもらうことができるということです。それまでわざわざ検索はしていなかったので、PPC広告を目にすることもなかったユーザーは少なくありません。
しかも、そうしたユーザーは潜在的な顧客ですから広告を見てもらう価値があります。商品を購入したりサービスを実際に受けるほど興味を持っていなくても、それに関連したサイトを見たりブログを楽しみにしているという人は多いものです。
それらのサイトなどでコンテンツを見ているうちに購買意欲が湧いた時に、まさにその商品やサービスを提供する企業のサイトへ行ける広告があれば、クリックしてみる気になるのは自然なことです。企業のサイトがユーザーの要望にマッチしたものであればコンバージョン率を上げることにつながります。

コンテンツターゲティング広告はクリック課金型なので企業はクリックされない限り広告料を払う必要がなく、広告に予算が限られている場合には有効な方法です。

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter0

おすすめの記事

J&B LABO で扱っているテーマ一覧

トップへ

検索

メルマガ購読