ウェブビジネスの教科書サイト

    facebook Twitter RSS
インプレッションとは?

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter0

インプレッションについて説明しています。 

インプレッションとは?

インプレッションとはインターネット広告が表示(露出)されること、またはその回数をいいます。
似た意味の言葉にページビューがあります。しかしこちらはウェブページが何度見られたか、という閲覧回数を示すものです。

インプレッションは、広告だけが、何度表示されたかを測る指針です。
インプレッションは広告の宣伝効果を図る上で便利な数字です。なぜならウェブページに表示される広告の中には、いくつもの広告が数秒ごとに入れ替わりで表示されていくものがあるからです。
実際に閲覧者に広告が見られた回数は何回なのかを知ると宣伝効果をより正しく知ることができます。

複数の広告が入れ替わり表示されるものをローテーション型広告と呼びます。ローテーション型広告の場合、ページビューからだけでは広告そのものの表示回数を知ることはできません。
特にバナー広告やPPC広告などの広告を利用する場合にはページビューと合わせてインプレッションを理解しておくことが重要です。
実は、この実際に何度見てもらえたかを計測することができるのはインターネットで広告を掲載した場合のみです。テレビや雑誌、新聞に掲載した広告はインターネットと同様に多くのユーザーに見てもらえます。しかし全く広告のページが開かれなかったりCMになるとチャンネルを変得られたりすることもあり、広告をどれだけの人が見たかは分かりません。
集客がうまくいかない場合でも、広告に問題があるのか掲載する場所が悪かったのか、インプレッションを知れば原因を特定することが簡単にできるのです。もちろんインプレッションも正確ではありません。広告は表示されたけど目に入らなかった、というケーズもあるでしょう。
有用な数字ではありますが、あくまで目安という考え方で利用されるのが良いでしょう。

同時にインプレッションは何人が広告をクリックしたかというクリック数も計測することができます。
ページビュー、ユニークユーザー等と併用すると一層効率的に広告を表示できます。

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter0

おすすめの記事

J&B LABO で扱っているテーマ一覧

トップへ

検索

メルマガ購読