ウェブビジネスの教科書サイト

    facebook Twitter RSS
アフィリエイト広告とは?

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter0

アフィリエイト広告について説明しています。 

アフィリエイト広告とは?

アフィリエイト広告とはネット広告の一種です。アフィリエイトとはAffiliateは提携するという意味です。

アフィリエイト広告は単にネット広告の一種というだけではありません。ネット広告をポピュラーなものにしたといってもよいでしょう。
アフィリエイト広告に参加する個人が増えたことによって、サイトの持ち主もネット広告を掲載する側になったのです。
それまでどちらかといえばネット広告のターゲットだった個人サイトの持ち主が宣伝をする側に変わりました。
また広告料を得る場所として個人サイトが脚光を浴びるようになったという点も重要です。
単にアフィリエイト、アフィリエイトする、という使い方をされています。

アフィリエイト広告は、アフィリエイトサービスプロバイダー(ASP)というアフィリエイト広告を専門に仲介する業者が、広告を載せて欲しい広告主と広告をサイトで宣伝したいサイトの持ち主をそれぞれに紹介します。
アフィリエイト広告には多くのメリットがあります。
広告を載せたい側には多様なホームページで宣伝をしてもらえるというメリットがあります。
サイトの持ち主も簡単に掲載する広告が手に入るというメリットがあります。

アフィリエイト広告にはアフィリエイトサービスプロバイダーが不可欠です。アフィリエイトサービスプロバイダーが企業とサイトの持ち主を仲介します。
アフィリエイトサービスプロバイダーの役目は企業が広告を宣伝できる個人サイト機会を多く提供すること、そしてサイトの持ち主にサイトに掲載したい広告を多く提供することです。
アフィリエイト広告の広告料は成果報酬によって支払われます。

成果報酬とはなにか。それは広告主が求める何らかのアクションがない限り(アフィリエイト広告が成功しないかぎり)、報酬である広告料は支払われないということです。多くの企業が求めるアクションとは普通、サイトの広告をクリックした上でユーザーが商品を購入、というものです。アクションがなにかは前もって企業からリクエストされています。
うまくアフィリエイトするにはアクションが何かをよく理解することが必要になります。
商品購入というアクションは、通販サイトなどで一般的です。
その他には銀行、証券会社の口座開設または資料請求というアクションもあります。
カード会社ならその会社もカードも発行というケースが多いようです。
なかにはクリック報酬・成果報酬両方を採用していることもあります。
クリック報酬とは広告をクリックすることが報酬になるアクション、というものです。

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter0

おすすめの記事

J&B LABO で扱っているテーマ一覧

トップへ

検索

メルマガ購読