乗るしかない、このビッグウェーブに!Twitterプロモの始め方

波乗りサイズ変更

Twitterプロモについてです。

 

Twitterの波

 先日TwitterとGoogleの提携が決定し、Googleの検索結果にリアルタイムでツイートが表示されることになりました。すでにリアルタイムでツイートを検索できる機能はYahooのリアルタイム検索にありましたが、今回のGoogleとの提携で、ツイート以外の検索結果(ブログ記事やコーポレーションサイト)とともにツイートが検索結果に並ぶことになります。今まではクローラーがサイトの中身を読み取りインデックス化してからでなければツイートは検索結果に表示されませんでしたが、電車の遅延やFacebookのサーバーダウンなど今以上に情報をリアルタイムで得ることができるでしょう(まあ東●線公式の「平常運転に戻りました」ツイートに騙されたことがあるので、リアルタイムになっても信憑性は感じませんが)。
 そしてYahoo!JAPANへTwitter広告の配信が始まることも公式発表され、クイックプロモート機能も中小企業向けに発表されました。Twitterは自社広告プラットフォームと「Promoted Tweets」の収益化に力を入れ始めたのです。
 となれば、自然とTwitterが身近な存在となり、ユーザー数やユーザーへの接触機会が増えていくのでは、と考えられますね。そこで今回はTwitterプロモについてお送りします。

Twitterプロモとは?

 TwitterプロモとはYahoo!JAPANプロモーション広告の一種で、Twitterのタイムラインや検索結果上に広告を掲載することができます。下図はmuseeのTwitterプロモツイートです。通常のツイートのように文章と画像がありますが、その下に「続きを読む」という表示と「musee_platinumによるプロモツイート」と表示がされています。これがTwitterプロモのしるしです。
 Twitterプロモではあるキーワードをツイートしたユーザーや自分のアカウントをフォローしているユーザー、他アカウントのフォロワーに類似したユーザーなどをターゲティングすることができます。また興味関心の項目によってターゲティングすることもできます。  

twitterプロモ例

   Yahoo!プロモーション広告のアカウントとTwitterのアカウント、そして予算があれば配信することができます(予算に関しては重大事項が!詳しくは記事最後で)。
 Twitterプロモで一番に狙うべきといってもいいことは「拡散」です。あるユーザーがTwitterプロモに対してリツイートした場合、そのリツイートを見たほかのユーザーの行動は課金対象になりません。つまり1つのTwitterプロモのツイートによって、後に10、100、1,000・・・と、ユーザーの行動が繋がる可能性があるのです。海老で鯛を釣るのも夢ではないということです。

サルでも作成できるアカウント

 それではTwitterプロモのアカウントを作成してみましょう。Yahoo!JAPANプロモーション広告のアカウントをお持ちではない方は、こちらのお申し込みページに飛びましょう。
 

お申し込み情報の入力-Yahooプロモーション広告

   法人か個人事業主を選んで会社情報・管理者情報を記入し確認ページへ。記入内容が間違っていなければYahoo!JAPANビジネスID利用規約と広告取扱基本規定の同意欄にチェックを入れて送信。記入したメールアドレス宛に確認コードが送信されるので、任意で決められるパスワードと確認コードを入力し、電話番号認証に移ります。  

Yahoo-JAPANビジネスIDの設定-Yahooプロモーション広告

   スマートフォンまたは携帯電話の番号を入力しSMSで送信される認証コードを入力します。このときに用いる携帯電話の番号はアカウントに登録される番号とは別のもので問題ありません。  

電話番号認証-Yahooビジネスマネージャー

   

電話番号認証-Yahooビジネスマネージャー-2

   これで晴れてあなたはYahoo!JAPANプロモーション広告のアカウントとYahoo!JAPANビジネスIDを手にすることができました。
 さてここからがTwitterプロモのアカウント作成です。アカウントをすでに持っていた人はYahoo!JAPANビジネスセンターで広告管理ツールにアクセスしましょう。  

ビジネセンター

   Yahoo!JAPANビジネスIDとパスワードを入力しログインします。  

ログイン-Yahoo-JAPAN

   広告管理ツールのタブに「Twitterプロモ商品」とあるのでそこをクリックします。  

アカウント作成画面

   すると「新規アカウント作成」というボタンがあるので、そこでアカウントを作成することができます。  

アカウント作成画面2

   入力項目はアカウント名・広告主・Twitterのユーザー名だけです。  

アカウント作成画面3

   入力した内容が合っているか確認画面で確認し、合っていればTwitter認証に移ります。画面の指示に従ってTwitterを別ウィンドウで開きログインし、Twitter認証のボタンをクリックします。するとTwitterの連携アプリ認証画面に遷移するので、そこで認証さえすればアカウントは開設されます。

設定が楽しいキャンペーン作成

 「+キャンペーンの作成」ボタンを押します。ここまではスポンサードサーチやYDNと一緒ですね。  

キャンペーン作成1

   スポンサードサーチではキャンペーンの作成、広告グループの作成、キーワードの作成、広告の作成の4つがそれぞれ独立してページを持っています。しかし、Twitterプロモでは次のような1枚のページですべての設定を済ませることができます。1枚に納めているのでその分作成中は長く感じてしまいますが、設定自体は簡単なものです。  

キャンペーン作成2

   設定すべき項目は以下の通りです。この設定の内容があなたのTwitterプロモの命運を分けるのです。筆者の同期はこの設定が一番楽しいと言っています。ターゲットとなる人はどこに住んでいて、どんな趣味を持っていて、どんなライフスタイルで暮らしているのか想像するのも楽しいですし、今までGoogle Analyticsやリスティング広告で導き出したユーザーのペルソナが正しかったのか、今回の配信で検証することもできます。またどんなツイートであればターゲットとしている人たちが反応してくれるのか、工夫し始めたら嵌る人もでてくるでしょう。

【キャンペーン名・開始日・終了日・キャンペーン予算・配信方法】
スポンサードサーチとこのあたりは同様ですね。キャンペーンの名前は後で管理がしやすいような名前にしましょう。配信の開始日・終了日、1日の広告費上限、配信方法を設定できます。

【キャンペーンの目的】
「ツイートのエンゲージメント」、「ウェブサイトのクリックまたはコンバージョン」、「フォロワー」「カスタム」の4種類から選びます。ぞれぞれ課金方式が異なり、1エンゲージメント獲得あたりの入札価格の推奨値も異なります。

【ターゲティング】
1.「あるキーワードが含まれるツイートをした人やそのツイートに反応したユーザー」や「設定したキーワードで検索した検索結果」に広告を配信できるキーワードターゲティング。
これはスポンサードサーチのキーワード設定に似ています。マッチタイプも選択でき、キーワード候補も表示してくれます。

2.「設定したユーザーのフォロワーに類似したユーザー」に広告を配信できるターゲティング(フォロワーと類似ユーザー)。
これはある特定のアカウントをフォローするユーザーに近しいユーザーに対して広告を表示させるターゲティングです。あくまで“近しいユーザー”であるので、そのアカウントをフォローしているユーザーに対して広告を配信する機能ではありません。
ただし自身のアカウントにフォロワーが存在する場合はそのフォロワーに対して広告を配信することができます。

3.興味・関心カテゴリーでのターゲティング。
映画・TVや自動車・ビジネスなどの、ターゲットとなるユーザーが興味をもっている項目を選択できます。

4.配信地域・デバイス・性別も選択が可能です。

【ツイート】
1キャンペーンにつき1ツイートを設定することができます。新規でツイートを作成することもできますが、過去のツイートを使うこともできます。また画像も設定することができるので、ユーザーを惹きつける為に分かりやすい画像やインパクトのある画像を用意するといいでしょう。

【Websiteカード】
ウェブサイトにユーザーを誘導することを目的としたときにオススメの機能です。ただしキャンペーンの目的は「ウェブサイトのクリックまたはコンバージョン」または「カスタム」でなければなりません。
記事冒頭で挙げた画像のうち、下記の部分を指します。  

カード

   横800ピクセル×縦320ピクセルの画像とタイトル(ウェブサイトの説明)、ボタンで構成されます。ボタンとは上の図の「続きを読む」の表示です。「続きを読む」以外にも「購入する」「サイトに行く」「詳しく見る」「予約する」があり、目的に合わせて設定しましょう。

キャンペーン作成のうえで注意すべき点

1.ターゲットとなるユーザー像を明確に
 もしターゲットが曖昧だとターゲティングの条件が選べない状況や、あれもこれもと条件を選択しすぎて結局ターゲティングできていないのと同じ状態になるかもしれません。

2.ツイートは悩みや思いを汲み取ったユーザー目線のツイートを
 Twitterプロモでは広告っぽいツイートやただの情報のようなツイートよりも、ユーザーの悩みや思いを汲み取ったユーザー目線のツイートが好まれる傾向にあるそうです。一度配信してみて、ユーザーの反応が悪ければ、ツイートの内容を見直してみるといいでしょう。

3.Websiteカードのタイトルはできるだけ短く
 デバイスによってはタイトルが切れて表示されることがあるため、できるだけ短い言葉で内容が伝わるタイトルにした方が良さそうです。

4.指標がスポンサードサーチやYDNと異なる
 スポンサードサーチやYDNでは成果をコンバージョンといいますが、Twitterプロモではエンゲージメントと呼びます。エンゲージメントとはユーザーが行ったクリック・リツイート・お気に入り・フォロー・返信などの反応のことです。

5.課金対象にならないエンゲージメントがある
 何を成果とするかで課金方法が異なります。
 すべてのエンゲージメントを成果とするならば、リツイートでもフォローでも課金されます。これをコスト・パー・エンゲージメント(CPE)といいます。
 外部サイトへの誘導が成果である場合、リンクをクリックすると課金、リツイートでは非課金です。これをコスト・パー・リンククリック(CPLC)といいます。
 フォローされることが成果であれば、フォローに対して課金、リツイートやリンククリックは非課金です。これをコスト・パー・フォロー(CPF)といいます。

6.ツイートの見せ方に工夫を
 リスティング広告の広告文とは違い、ツイートは改行や画像の添付が可能です。たとえば改行によって縦書きのツイートにすることもできますね。ちょうどこんなツイートを見つけました。目立ちますね。  

twitterプロモ例2

 

乗り遅れるな!今なら1万円分無料で配信できる

 冒頭で述べた予算に関する重大事項です。Twitterプロモ配信に欠かせないものの1つ、予算。なんと予算がなくても配信が可能なのです。今ならTwitterプロモ商品の新規アカウント開設で広告料金10,000円をプレゼントしてもらえるとのことで、期間は2015年1月27日~2015年3月6日。
 ぜひともこの機会にアカウントを作成して、どんなキャンペーンで配信したらユーザーから反応が得られるかテストしてみてはいかがでしょうか。ちなみに現在J&B Laboではこのキャンペーンを利用してTwitterプロモを配信しています。その結果はまた別の記事で紹介したいと思います。もし見かけたらどんどんリツイートしてくださいね笑!  

ラボツイッタープロモ

 

 

参照元:

 

画像:

  • theodore moniodis

【この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます。】

  • 丸分かり!SNSを多くの人が見ている、情報が拡散しやすい時間帯を調べる方法。
  • 横長のサムネイル画像サイズでFacebookでのクリック率が55%アップ!?
  • 流入が174%増加!もうFacebook OGPは設定していますか?
  • もう設置した?ソーシャルボタン【まとめ】
  • 広告効果が高いのはどっち?ツイッターとFacebookを徹底比較してみた!
  • この記事は役に立ちましたか?シェアして頂けると嬉しいです!

    ジャックアンドビーンズ

    →【無料】このような記事を定期的に読みたいと思いますか?

    【もっとwebマーケティングを学びませんか??】
    毎週水曜夜8時に魅力的な最新記事を受け取る!
    グロースハックのノウハウを見逃さない
    コンバージョン率を上げる情報を手に入れる!

    ※ブログの情報はこちらでも配信しています!

    follow us in feedly

    J&B Laboの関連記事

    footsuite_eyecatch

    【SNS担当者は必見】Hootsuiteで仕事が軽くなる!

    ...

    記事を読む

    ソーシャルボタンまとめ_アイキャッチ

    もう設置した?ソーシャルボタン【まとめ】

    ...

    記事を読む

    social-marketing-twitter-vs-facebook

    広告効果が高いのはどっち?ツイッターとFacebookを徹底比較してみた!

    ...

    記事を読む

    spy

    丸分かり!SNSを多くの人が見ている、情報が拡散しやすい時間帯を調べる方法。

    ...

    記事を読む

    この記事をシェアする

    J&B Laboの新着記事