ウェブビジネスの教科書サイト

    facebook Twitter RSS
彼女も仕事も手に入る!GoogleAdWords(グーグルアドワーズ)の斬新すぎる3つの使い方

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter0

通常、企業がウェブ上でサイトへの集客のために活用するGoogleAdWords(グーグルアドワーズ)。

このGoogleAdWords(グーグルアドワーズ)を使って個人でめちゃくちゃ面白い集客をしている人たちがいるんです!

今回は実際にGoogleAdWords(グーグルアドワーズ)の奇抜な使い方によって、それぞれの目的を果たした事例をまとめてみました。

 

目次

  • GoogleAdWords(グーグルアドワーズ)とは
  • GoogleAdWords(グーグルアドワーズ)で5人の彼女候補を獲得できた話
  • たった6ドルで大手広告代理店に就職できた話
  • 2000円でDropboxの容量を4倍にまで増加させた話

 

GoogleAdWords(グーグルアドワーズ)とは

GoogleAdWords(グーグルアドワーズ)は、検索エンジンGoogleの提供しているWeb広告を掲載するサービスです。

今回、Googleが提供する各種広告の中から用いられたのはリスティング広告。Googleでユーザーがあるキーワードについて検索した時(そのキーワードに興味を持っている時)に、関連の深い広告を検索結果の上部や右側に表示し、顧客となりうるユーザーをサイトに呼び込むことできる広告です。

ご利用ガイド – Google

google Adwordsとは

 

GoogleAdWords(グーグルアドワーズ)やリスティング広告について詳しく知るならこちらの記事をどうそ!
GoogleAdwords(グーグルアドワーズ)とは?
リスティング広告とは

Adwordsで5人の彼女候補を獲得できた話

リスティングで彼女募集

 

年始に話題となった@razokuloverさんの『2年付き合った彼女と別れたのでGoogleAdwordsで彼女を募集してみる』。

なんと!リスティング広告を使って彼女を募集したんですね。。

確かに、彼女が欲しいという需要は尽きませんし、ネット上で関連キーワードを検索している女性ユーザーも存在するので、可能性はありますよね。

でもこういった思い切ったことは中々できませんよね~凄い!(笑)

 

リスティング広告で彼女を募集するまでの経緯

@razokuloverさんは、前の彼女と別れてからの2か月間、アイドル関連のアプリやアダルトサイトの作成に精を出してしまい、彼女といた時がどれほどまともであったと実感したそうです。

そして、「今年の4月から新卒社会人としてデビューする僕はまともにならなければいけない」と思い、「彼女を作ろう」という考えに至ります。

ちょうどGoogleから2500円で10,000円分の広告を出せるというキャンペーン情報が届いており、2ヶ月間でせっせと作ったアダルトサイトからのアドセンスの収入が2500円ほど。そこで、GoogleAdWords(グーグルアドワーズ)を使って、彼女を募集するという斬新な方法に辿り着きます

結果は、、実際に5人の募集があり、そのうちの1人の女性とお付き合いすることになったそうです!。

 

ユーザー属性もきちんと設定する!笑

実際にGoogleAdWords(グーグルアドワーズ)で設定した内容です。

google adwordsに彼女募集の広告を出してみた。

(この記事は、@razokuloverさんのものではありませんが、彼もこの記事を参考にして書いたそうです)

 

リスティングで彼女募集 広告文

 

タイトルでは『エンジニアの彼女募集』と呼びかけ、説明文では『(twitterアカウント)の彼女を募集しています。』とターゲットとなるユーザーに対してストレートに訴求しています。下の文には、水道橋在住、25歳、Web系のエンジニアと簡単な自己紹介が書かれていますね。

また、募集する女性のタイプをユーザー属性のターゲティングによって設定しています。そう、GoogleAdWords(グーグルアドワーズ)ではユーザー属性をきちんと設定することで、広告が出稿される対象を絞ることが出来るんです。

18~34歳までに限定されてますね!(笑)

ちなみに地域なども設定することができるので、かなり細かくタイプを選択することが出来ます。

 

リスティングで彼女募集 ターゲットきる

 

登録するキーワードは、『本人の名前』や『彼氏募集』で設定し、彼氏を募集している18~34歳の女性が『彼氏募集』などのキーワードで検索したときに、広告が表示されるようになっています。

 

彼女募集 広告表示

(画像はイメージです。)

 

『彼女募集』などのキーワードの平均クリック単価は約70円です。100ちょっとのクリックでも1万円で抑えることが出来ます。実際に獲得できた予算は把握できませんが、そのくらいの予算で彼女を獲得できるのは。。素晴らしいですね!!

※あくまでも個人の見解です。

 

たった6ドルの出費で大手広告代理店に就職できた話

リスティングで就活

 

こちらは日本で行われたものではないのですが、とても話題になったThe Google Job Experiment。GoogleAdWords(グーグルアドワーズ)を使って働きたい会社に実際に就職することができた話です。

 

広告界の大物に直接採用して欲しいとリスティング広告で訴える

どうにかして希望の業界、会社に行きたいと考えたAlec BrownsteinさんはGoogleAdWords(グーグルアドワーズ)を活用し、超大物広告会社ディレクターが自分の名前でエゴサーチした際にAlec Brownsteinさんが直接アピールできる広告を出しました。

普通にはコンタクトも取れないような、アピールしたい対象の人物がエゴサーチした際に広告を表示させるというのがすごい発想ですよね!

そして、まんまとエゴサーチをしていて引っかかったのがLan Reichenthalという大物ディレクター。

 

リスティングで就活 検索

 

ちなみにこの大物ディレクターの名前のキーワード入札単価は15セント(約12円)だったそうです!

 

リスティングで就活 広告

 

タイトルでHey!と呼びかけ、説明文では「僕を雇って!」と呼びかけています。

この大物ディレクターであるレイさんは、自分に呼びかける広告に目が止まり、実際にレイさんの方から面接をしたいと電話をかけ、採用までに至ったそうです。

こちらの文章は、Alec Brownsteinさん本人のコメントです。

 

リスティングで就活 結果

 僕はニューヨークのY&R社で働くことになりました。

掛かった費用:6ドル

 

まさか自分の名前でググった時に自分に向けてメッセージが送られているとは思いませんよね!これは会いたいと思わせますよね~とてもスマートな就活です!!

 

2000円でDropboxの容量を4倍にまで増加させた話

DB容量増加した話

 

こちらはGoogleAdWords(グーグルアドワーズ)を使ってDropboxの容量を、たった2時間のうちに8GBも増やしたとてもスマートな話です。

アドワーズ無料お試し券でDropboxの追加容量8GBを増やす

 

経緯

Dropboxは、たくさんのクラウドストレージサービスがある中で、対応アプリやサービスが非常に多くとても使い易い人気なツールですよね。

しかしながら標準で無料利用できる容量が2GBと、物足りなさを感じる人がいたのではないかと思います。

こちらの方も同じような悩みを抱えていたのでしょう。そこで、なんとGoogleAdWords(グーグルアドワーズ)を使って簡単に32GB容量まで使えるようにしたのです。DropBoxの制度で、紹介して利用者を増やすことで最大16GBまで増やすことが出来るものがあり、この制度を使って、簡単に容量を増やす事に成功したのです。

 

Dropboxの容量を要領よく増やす方法

 1.自分専用の招待URLを取得

ホーム画面の左上の[無料で容量アップ!]をクリックして、[友達をDropboxに紹介する]と選択します。[リンクをコピー]をクリックし、自分専用の招待URLを取得することが出来ます。

 

DB招待URL取得

 

2.キーワード設定、広告文作成して広告出稿

キーワードは「Dropbox」、文面は「Dropbox新規アカウント作成」「無料2GB」などで作るそうです。すると、Dropboxというキーワードで検索したときに、下記の図のような広告文が表示されるのです。

※訂正:dropboxというキーワードは商標登録されている為、広告文に利用することが出来ませんでした。ご指摘して頂いた方、ありがとうございます。

dropbox

DB広告出稿変更

※画像はイメージです。

 

3.新規登録が32人!

こちらの事例(無料でDropboxの容量を8GB増やせるチュートリアル)では、2時間ほどで2,000円の予算で紹介人数32人まで達したそうです。

 

DB容量増加

 

1時間メールが届きっぱなしでウハウハですね

このような工程を行うことによって、結果Dropboxの容量を8GBまで増加させることに成功しました。
 

DB容量16GB

 

クリック単価はおよそ2~3円、クリック数は平均して50程度。CPA80円少しで獲得することが出来たそうです。DropBoxを頻繁に使う人にとっては、とてもお得ですよね!これを見て他のサービス紹介にも活用できるのではないでしょうか。

 

まとめ

以上、国内外で行われているGoogleAdWords(グーグルアドワーズ)の面白い使い方のまとめでしたがいかがでしたでしょうか。

今回紹介した事例はどれもコストを抑えて集客できていますよね。頭をフル活用すればこんなにも効率的に目的を達成することができるんですね。とても勉強になりました!

これらを参考にGoogleAdWords(グーグルアドワーズ)を用いて、結婚式にサプライズを仕掛けた話はこちらから。
GoogleAdWords(グーグルアドワーズ)で新婦のハートをGET!一生思い出に残る奇抜な使い方

【この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます。】

  • GoogleAdWords(グーグルアドワーズ)で新婦のハートをGET!一生思い出に残る奇抜な使い方
  • GoogleAdWords(グーグルアドワーズ)、200回を超える不正クリックを見事無効に!
  • Google Fight が教えてくれたこと―『うどん県とエロは強い』―
  • ドキドキだけじゃない。美人はコンバージョンも与えてくれる
  • 「続きはWebで」で迷子になったことありませんか?
  • 実証済み!これなら埋もれない、バズる動画を作るためのシンプルな方法。
  • 恋愛を制するものはリスティング広告を制す!?基本的な考え方
  • Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter0

    おすすめの記事

    J&B LABO で扱っているテーマ一覧

    Copyright 2017 J&B LABO. All rights reserved.