ウェブビジネスの教科書サイト

    facebook Twitter RSS
SEM(検索エンジンマーケティング)とは?

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter0

SEM(検索エンジンマーケティング)について解説しています。 

SEMとは?

SEMとはインターネットビジネスにおいて集客力高めるために検索エンジンを利用することです。
Search Engine Marketing をそのまま訳すと検索エンジンマーケティングとなり、検索エンジンでマーケティングするくらいの意味だとわかっていただけるのではないでしょうか。

ビジネスにおいて集客力が物を言うのは間違いありません。
ではインターネットビジネスではどのように集客力を高めるのかが問題です。

1番有効なのはYahoo!やGoogleなどの検索エンジンの検索結果で上位に表示されるようになることです。

ほとんどのユーザーがインターネットでの買物にまず、検索エンジンから検索しています。
検索エンジンによって表示された結果の上位サイトから購入したというユーザーは過半数にも登ります。

SEMなくしてインターネットビジネスで利益を上げることは難しいといっても言い過ぎではありません。
SEMについて知らない方はしたの説明を参考にぜひ万全な対策をしてください。

SEMは3つの要素からなっています。
それはまずPPC広告、次にディレクトリ登録 そして検索エンジン最適化(SEO)とです。
PPCは検索連動型広告とも呼ばれます。この3つだけでなく、ランディングページ最適化(LPO)がSEMの一つとされることもあります。
特にSEOは検索エンジンの検索結果の上位に企業のサイトが表示されるというSEMの目的をダイレクトに果たしてくれる方法です。

SEOだけは万全に対策することがSEM成功への近道でしょう。

SEMの利点

SEMを行うことことは、単に集客を増やすという効果があるだけではありません。

まだ企業の名前を知らないというユーザーが、キーワードがヒットしたことによって企業の存在を知る、何らかの第一印象を持ってもらえる、記憶に残るといった副次的な効果があります。
ユーザーはもちろん、検索結果の上位に表示される企業ほど優れていると知っていますから、初めて知る企業でも良い印象が残るでしょう。
もちろん、そのままHPにアクセスしてくれるユーザーもいるでしょうから上位に表示される企業にふさわしいHPであるとなおイメージは良くなります。

SEMの効果はユーザーがHPにアクセスするまでです。
しかしユーザーが顧客やリピーターになるきっかけとなる家庭ですから決しておろそかにはできないものだと言えます。

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter0

おすすめの記事

J&B LABO で扱っているテーマ一覧

Copyright 2017 J&B LABO. All rights reserved.