ウェブビジネスの教科書サイト

    facebook Twitter RSS
PPC広告(クリック課金広告)とは?

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter0

PPC広告の説明をしています。 

PPC広告とは

PPC広告とは正式名称のPay Per Click の略で クリック課金式の広告のことです。
リスティング広告とも呼ばれているので、そちらの意味を知っているという方もおおおいかもしれません。

PPC広告を通常私達が目にするのはYahoo!やGoogleなどの検索エンジンを使って検索した時に、上部に出てくる広告です。
PPC広告の印として、スポンサードサーチやスポンサーリンクと書かれているので広告とわかりやすいようになっています。

PPC広告の利点は検索結果の上部に表示されるまでに時間がかからないということです。
通常のオーガニック検索では後ろに表示されている場合でもPPC広告にすると人目につきやすい場所に表示されます。
その結果、集客力が上がります。
それも、目に付きやすい広告にアクセスするのは多くが商品やサービスを求めているというユーザーが多いので、その分結果につながりやすいと言えます。

PPC広告が表示される場所はここだけではありません。

コンテンツネットワークについて

PPC広告が表示されるもうひとつの場所は、Googleのネットワークに参加しているサイトです。
コンテンツネットワークとは、企業が入札した言葉と関連性の高いサイトに企業の広告を掲載できるGoogleAdWords(グーグルアドワーズ)が提供しているサービスです。
関連性の高いサイトとは、ブログや教えてgoo等です。
種類の豊富な場所に広告が表示されるので一層集客力を上げることができます。

PPC広告のもうひとつのメリット

PPC広告のもうひとつのメリットは表示だけなら企業に広告料はかからないという点があります。
ユーザーがクリックして初めて料金を請求されるというので費用もかかりません。

また、キーワードの入札も9円ほどと安価です。
しかし1ページ目に表示されるには費用が高くなります。

あらかじめ全体的な宣伝の計画を立てておくことをおすすめします。

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter0

おすすめの記事

J&B LABO で扱っているテーマ一覧

Copyright 2017 J&B LABO. All rights reserved.