PDCAとは

pdca eyecatch

PDCAについて説明します。

 

PDCAとは

 「PDCA サイクル」という言葉は、皆さんも聞いたことがあるのではないでしょうか。まず、「PDCA」とは何の略称かと申しますと、「Plan(計画)、Do(実行)、Check(検証)、Action(改善)」の頭文字を並べたものです。なにかと締め切りに追われる私たちですが、物事を効率良くこなす魔法があったらいいですよね?そこで、ビジネスの効率化を図るために考え出されたのが、PDCA を取り入れた「PDCA サイクル」なのです。(魔法ではないですが)

PDCA サイクルとは

 「PDCA サイクル」とは、「ビジネスの効率化を図るために、Plan → Do → Check →Action という一連のプロセスを繰り返し、目的を達成していくサイクル」と定義されています。1950 年代の第二次世界大戦後に米国のウィリアム・エドワーズ・デミング(William Edwards Deming)や、デミングの師であるウォルター・シューハート(Walter A. Shewhart)によって提唱されました。この2人の名前を由来に、デミング・サイクル(Deming cycle)やシューハート・サイクル(Shewhart cycle)とも呼ばれています。
 PDCA サイクルは、おもに、生産管理や品質管理などのマネジメントに取り入れられています。定義の中でも示されているとおり、PDCA→PDCA→…といったように、最初のPと最後のAを連動させてサイクルを回し続けることが大切です。前後のステップの連動が大切な理由は、ステップごとに目的の再確認や問題点をチームで共有することができるからです。それでは、PDCA サイクルの中身について具体的に見ていきましょう。

  • Plan(計画)=達成したい目的を明確にしたうえで、5W1H(When、Where、Who、What、Why、How)を基本に考える
  • Do(実行)=計画から逸脱しないよう意識しながら行動し、経過を正確に記録する
  • Check(検証)=記録と結果を確認して、改善案を作成する
  • Action(改善)=改善案をもとに、さぁ、次のアクションをしよう!
  • PDCA サイクルの導入例

     PDCA サイクルは、品質マネジメントシステム「ISO9000」や環境マネジメントシステム「ISO14000」に取り入れられています。そのほかにも、企業間の取引から日頃の事務作業に至るまで、幅広いレベルの業務に活用されています。PDCA サイクルを導入することには、4 つのメリットがあると考えられています。
    1、目的の一貫性を保つことができる
    2、ステップごとに費やした時間と経費が明瞭化される
    3、どこに問題点があるのかが見つけやすい
    4、ステップを達成したという実感が、仕事をするうえでのモチベーションにつながる

    この記事は役に立ちましたか?シェアして頂けると嬉しいです!

    ジャックアンドビーンズ

    →【無料】このような記事を定期的に読みたいと思いますか?

    【もっとwebマーケティングを学びませんか??】
    毎週水曜夜8時に魅力的な最新記事を受け取る!
    グロースハックのノウハウを見逃さない
    コンバージョン率を上げる情報を手に入れる!

    ※ブログの情報はこちらでも配信しています!

    follow us in feedly

    J&B Laboの関連記事

    emphasis snippet_eyecatch

    強調スニペットとは

    ...

    記事を読む

    glossary yahoo promotion ad eyecatch

    初心者は必見!Yahoo!プロモーション広告を知ろう

    ...

    記事を読む

    glossary bounce rate eyecatch

    【高い≠悪い!?】直帰率を正しく理解しよう!

    ...

    記事を読む

    view-impression-eyecatch

    ビューインプレッションとは

    ...

    記事を読む

    search partners eyecatch

    検索パートナーとは

    ...

    記事を読む

    この記事をシェアする

    J&B Laboの新着記事