【施策】メールのタイトルをA/Bテストしよう

施策の内容

購入プロセスの途中で離脱・中断してしまったユーザーを呼び戻すためのリカバリーメールも、開封してもらえなければ全く意味がありません。 メールのタイトルでもA/Bテストを行うことで開封率を上げることが可能になります。  

施策のデータ

オバマ大統領は選挙戦の最中に募金を呼びかけるメールのタイトルで様々なA/Bテストを行いました。 obama_mail_title 結果としては”I will be outspent”(資金が底をついてしまいます)が最も募金率が高かったようです。  

参考

日本のネット選挙は6年遅れ!オバマ大統領による7つのA/Bテスト、ウェブ活用事例を一挙紹介!』(J&B Labo)
これは凄い!飼い犬の誕生日を祝うメールでクリック率を750%上昇させた方法』(J&B Labo)
 
この記事は役に立ちましたか?シェアして頂けると嬉しいです!

ジャックアンドビーンズ

→【無料】このような記事を定期的に読みたいと思いますか?

【もっとwebマーケティングを学びませんか??】
毎週水曜夜8時に魅力的な最新記事を受け取る!
グロースハックのノウハウを見逃さない
コンバージョン率を上げる情報を手に入れる!

※ブログの情報はこちらでも配信しています!

follow us in feedly

J&B Laboの関連記事

Wedding

GoogleAdWords(グーグルアドワーズ)で新婦のハートをGET!一生思い出に残る奇抜な使い方

...

記事を読む

続きはウェブで検索

「続きはWebで」で迷子になったことありませんか?

...

記事を読む

no image

【施策】離脱者をリターゲティング広告で呼び戻そう

...

記事を読む

no image

【施策】会社名ではなく個人名でリカバリーメールを送ろう

...

記事を読む

この記事をシェアする

J&B Laboの新着記事