ウェブビジネスの教科書サイト

    facebook Twitter RSS
アクセス数が2倍!?今すぐGoogle著者情報を設定しよう!

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter0

SEOといえば検索順位アップだと思っている皆さん。検索順位をアップさせるのは何のためか分かっていますか?

  1. 1ページ目に表示して、自分のウェブサイトが表示される回数を増やすため
  2. 1ページ目内での順位を上げて、クリック率を上げるため

 では、ウェブサイトやブログ記事が1ページ目内に表示されている皆さん。1ページ目内でのクリック率を上げるための施策は、更なる順位アップ以外に何か行っていますか? もし行っていないのであれば、3位から2位、1位に上げるための努力と平行して、いや、それよりも前にまずやっておくべきことがあります。 本日は、クリック率を上げるための施策としてGoogle著者情報について紹介したいと思います。 

Google著者情報とは?

まずは、こちらの画像を見てください。

?01

 Googleの検索結果に顔が出ていますね。また、よく見ると、顔の横には「著者:○○ – xxx人の Google+フォロワー」という文字が表示されています。 ここに表示されているのがGoogle著者情報です。これらの情報は、ウェブサイトやブログのオーナーが著者情報を設定しているために表示されているんですね。 それでは、Google著者情報を設定することには、どのようなメリットがあるのでしょうか? 

Google著者情報でクリック率は上がるのか?

Google著者情報を設定すると、どのような効果があるのでしょうか。ここまでの流れで既にお分かりかと思いますが、検索結果に顔写真や著者に関する情報が表示されるため、検索結果の一覧の中で非常に目立ちますよね。ですから、当然のことながらクリック率のアップが見込めるという訳です。 

02

 先ほどの検索結果画面では、すべての記事に著者情報が表示されていたので特に目立つということは無かったかもしれません。しかし、上記の検索結果のように、著者情報が表示されているページと、表示されていないページが並んでいると、著者情報を設定しているページがどれくらい目立つかは一目瞭然です。 それでは、実際にはどのくらいクリック率が上がるのでしょうか。Google著者情報の設定とクリック率について触れている事例を集めてみました。 

クリック率が2倍!?

こちらの『海外SEO情報ブログ』では、インプレッションは同じまま、クリック数が2倍になったと伝えています。

?03

?2倍というのは物凄い結果ですね。これだけの効果があるのであれば、検索結果に顔写真を出すのが恥ずかしいと言っている場合ではありませんね。 

クリック率は変わらず・・・?

全てのケースでクリック率に変化が生じているという訳ではないようですね。『Khamsin-note』では関係が無さそうであると伝えています。 

04

?実際にクリック率を見ている訳ではありませんが、Google著者情報が表示されていない期間中も、特に訪問数が減少しなかったことから、あまり関係が無さそうだという結論を出しています。 

3%くらいの増加が多いらしい

ALLEGRO marketing』では、最大で6%の増加、一番多かったのは3%程度の増加であったとの調査結果が出ています。 

06

「お悩み系キーワードなどの場合は効果がハッキリとでていました」という調査結果が興味深いですね。何か悩みがあって答えを求めて検索しているので、それに「答えてくれる人」が表示されていることが安心感に繋がるのでしょうか。 

顔写真設定の際のポイント

せっかくなので、クリック率が上がるように写真を設定したいところですよね。 “You Look Where They Look“では、ユーザーはイメージ画像の見ている先を見るという調査結果が出ています。 

12c

 そうすると、検索結果に表示されている自分のウェブサイト情報の中で、最もユーザーに効果を与える部分を向いているような写真を設定するという方法が考えられます。 また、Justin Briggsでは説明文がユーザーの行動に最も影響を与えるというGoogleが2012年に出した調査結果を紹介しています。 

justin

 説明文が4行以上のときは、説明文の与える影響が特に強くなるようです。 これらの結果を併せて考えると、現時点ではあくまでも仮説段階ですが、「説明文の方向を向くようなプロフィール画像を設定する」という方法が効果を生みそうです。 こちらはJ&B Laboで検証してみようと思っているので、結果が出たら報告します。?

Google著者情報の設定方法

Google著者情報の設定方法は以下の記事で紹介しています。 

Google著者情報を設定する方法

 

クリック率を計測してみよう

ウェブマスターツールにウェブサイトを登録していれば、著者情報の表示回数とクリック数を確認することが出来ます。 

13

 左側のメニュー一覧の中から、「Lab」 > 「著者の統計情報」 を選択しましょう。クリック数/表示回数で著者情報が表示された場合のクリック率を出すことが出来ますね。 全体のクリック率は、「検索トラフィック」 > 「検索クエリ」 を選択すれば見ることが出来ます。 

14

 これで著者情報の効果を計測することが可能ですね。 何はともあれ、まずはGoogle著者情報を設定してみましょう!  

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter0

おすすめの記事

J&B LABO で扱っているテーマ一覧

Copyright 2017 J&B LABO. All rights reserved.