Google著者情報を設定する方法

google-authorship
このページではGoogle著者情報(Google Authorship)を設定する方法を説明しています。

Google著者情報を設定しよう

Google著者情報(Google Authorship)を設定すると、検索画面の結果に筆者の顔写真やGoogle+のフォロワー数などの情報を表示することが出来ます。   検索結果の一覧の中で目立つため、クリック率の増加が期待できます。  
【関連記事】 期待できる効果(クリック率の増加)については、こちらの記事をご覧ください。 『アクセス数が2倍!?今すぐGoogle著者情報を設定しよう!
 

Google著者情報の設定方法

Google+のアカウントを著者としてページに紐付ける方法を紹介します。  

ウェブサイト側の設定

以下のコードをコピーして<head>~</head>間に記入しましょう。
<link rel="author" href="Google+のプロフィールページのURL" />
 

Google+側の設定

Google+側でも所有ウェブサイトを登録しておかなければなりません。   (1) まずは、Google+のプロフィールを開きましょう。 (Google+を開いて、画面左上のホーム部分を展開すると出てくるのでクリックします。)  

07

  (2) プロフィール画面に遷移したら、画面上部のヘッダーバーの中から「基本情報」を選びます。  

08

  (3) スクロールして、「リンク」部分の「編集」を選択します。   09   (4)  「寄稿先」の「カスタムリンクの設定」をクリックします。  

10

  (5) ラベルとURLを入力して、「カスタムリンクを追加」をクリックしましょう。  

11

  Google+のプロフィール写真には、顔写真を設定しておいてくださいね。
この記事は役に立ちましたか?シェアして頂けると嬉しいです!

ジャックアンドビーンズ

→【無料】このような記事を定期的に読みたいと思いますか?

【もっとwebマーケティングを学びませんか??】
毎週水曜夜8時に魅力的な最新記事を受け取る!
グロースハックのノウハウを見逃さない
コンバージョン率を上げる情報を手に入れる!

※ブログの情報はこちらでも配信しています!

follow us in feedly

J&B Laboの関連記事

Wedding

GoogleAdWords(グーグルアドワーズ)で新婦のハートをGET!一生思い出に残る奇抜な使い方

...

記事を読む

続きはウェブで検索

「続きはWebで」で迷子になったことありませんか?

...

記事を読む

no image

【施策】離脱者をリターゲティング広告で呼び戻そう

...

記事を読む

no image

【施策】会社名ではなく個人名でリカバリーメールを送ろう

...

記事を読む

no image

【施策】メールのタイトルをA/Bテストしよう

...

記事を読む

この記事をシェアする

J&B Laboの新着記事