リスティング広告とは

リスティング広告について説明します。

 

リスティング広告とは

 ある女性が、「結婚」というキーワードをGoogleで検索していました。彼女が知りたかったのは、「結婚式場」でしょうか?「ウェディングドレス」や「プロポーズの言葉」なんてことも考えられますよね。そんな色々なニーズに直訴できる広告が、「リスティング広告」なのです。「結婚」と検索する人には、「結婚」関連の広告を表示させて、「結婚式場 東京」と検索した人には、「東京にある結婚式場」の広告を表示します。このように、ニーズが反映された検索キーワードと連動した広告を表示させれば、ユーザーに大きな嫌悪感を与えることなく、広告に対する資料請求や問い合わせなどに導くことが期待できます。
 改めまして、リスティング広告についてご説明します。「リスティング広告」とは、「Yahoo!やGoogleでキーワードを検索して表示されたページに、検索キーワードに連動する広告を掲載するサービス」で、「検索連動型広告」とも呼ばれています。この広告は、Googleなどの検索結果ページ上段(プレミアムポジション)や右側に表示されます。(画像1)

画像1)プレミアムポジション  

リスティング広告1

   リスティング広告では、まず、自分の商品やサービスの強みとなるキーワードを選び、入札価格を決めて、そのキーワードを入札する作業が必要となります。広告を掲載するだけなら無料ですが、広告費は【ユーザーのクリック回数×クリック単価(CPC)】の計算から割り出されます。広告費の管理については、1日の予算や1か月の予算を設定し直したり、特定のキーワードに対して広告の非表示ができる「除外キーワード」を設定したりするのもいいかもしれません。

ビックとスモール、あなたならどっちを選ぶ?

 ユーザーにそっぽを向かれないためにも、検索連動型のリスティング広告では、ニーズを捉えた【キーワード選定】がとても大切です。キーワードには、「ビックキーワード」と「スモールキーワード」があります。一般的に私たちの認知度が高い「ビックキーワード」は、検索されやすく、広告の表示回数が多くなるため、ユーザーのニーズにマッチしていれば広告がクリックされる確率は高くなる傾向にありますが、その分競合は多いです。一方、マイナーであったり、複合のキーワードを組み合わせたりした「スモールキーワード」は、ユーザーのニーズとターゲットをより絞ることになるので、比較的競合が少ない傾向にあります。どちらを選ぶかは、あなた次第です。(関暁夫の都市伝説 風)

リスティング広告におけるYahoo!とGoogleの違いって?

 リスティング広告の掲載媒体は、おもに「Yahoo!JAPAN プロモーション広告」と「GoogleAdwords(グーグルアドワーズ)」です。基本的に「タイトル(広告見出し)」「説明文」「表示URL」からなる文章の「テキスト広告」が表示されます。PCやスマートフォン、タブレットなどの様々なデバイス、特定の地域や時間帯に絞って広告を配信することも可能です。

<Yahoo! JAPANプロモーション広告>
1.「Yahoo!スポンサードサーチ」  Yahoo!の検索結果ページや連携するポータルサイト(bing、Ameba、OK Waveなど)に、検索キーワードと関連する「テキスト広告」を表示する検索連動型。  

リスティング広告2

  2.「Yahoo!ディスプレイアドネットワーク(YDN)」
 Yahoo!ニュースやヤフオク!、連携するポータルサイト(AllAbout、R25.jp、COOKPADなど)のコンテンツページに「テキスト広告」や画像を使った「イメージ広告(ディスプレイ広告)」を表示するコンテンツ連動型。また、リターゲティング(自社サイトを訪れた履歴のあるユーザーに広告を表示するなど)も可能。

<GoogleAdwords(グーグルアドワーズ)>
 

リスティング広告3

  1.「検索ネットワーク」
 Googleや検索パートナーサイト(BIGLOBE など)の検索結果ページや関連サイト(Google画像検索、Googleマップなど)に「テキスト広告」を表示する検索連動型。

2.「Googleディスプレイネットワーク(GDN)」
 Googleが広告を自動配信してサイト運営側に広告収入を払う「Google adsense」を導入した個人HPやブログに表示する「テキスト広告」、Google のパートナーサイト(goo、livedoor、楽天、Mapoinなど)やYouTube、Gmailなどに画像を使った「イメージ広告(ディスプレイ広告)」、YouTube専用の「動画広告」、flash(アニメーション)・音声・動画を使った「リッチメディア広告」を表示するコンテンツ連動型。

お悩み解決!キーワード選定に便利なツールをご紹介

 「リスティング広告を始めたい、でも、どんなキーワードを選べばいいの?」とても悩みますよね。そんな時に役立つツールをいくつかご紹介します!

1.キーワードプランナー
2.Ferret PLUS
3.Googleトレンド
4.LSI調査
5.キーワードウォッチャー

 

参照元:

この記事は役に立ちましたか?シェアして頂けると嬉しいです!

ジャックアンドビーンズ

→【無料】このような記事を定期的に読みたいと思いますか?

【もっとwebマーケティングを学びませんか??】
毎週水曜夜8時に魅力的な最新記事を受け取る!
グロースハックのノウハウを見逃さない
コンバージョン率を上げる情報を手に入れる!

※ブログの情報はこちらでも配信しています!

follow us in feedly

J&B Laboの関連記事

emphasis snippet_eyecatch

強調スニペットとは

...

記事を読む

glossary yahoo promotion ad eyecatch

初心者は必見!Yahoo!プロモーション広告を知ろう

...

記事を読む

glossary bounce rate eyecatch

【高い≠悪い!?】直帰率を正しく理解しよう!

...

記事を読む

view-impression-eyecatch

ビューインプレッションとは

...

記事を読む

search partners eyecatch

検索パートナーとは

...

記事を読む

この記事をシェアする

J&B Laboの新着記事