横長のサムネイル画像サイズでFacebookでのクリック率が55%アップ!?

01
Facebookでは2013年の9月からサムネイル画像の表示サイズが変わっています。 気付いていましたか?笑  

サムネイル画像の表示サイズ

Facebookのサムネイル仕様変更前

02   これまでは、左側に小さなサムネイル画像が、右側にタイトルと説明文が表示されていました。  

Facebookのサムネイル仕様変更後

サムネイル仕様変更後の大きなサムネイル画像

  一方、仕様変更後はサムネイル画像がとても大きなサイズで表示される例も見られるようになりました。 従来はサムネイル画像を目立たせるために、写真として投稿し、説明文にウェブサイトへのリンクを記載されていた方も多かったのではないかと思いますが、今後はその必要もなくなりそうです。  

大きなサムネイル画像でFacebookでのクリック率が69%アップ!

EDGERANK CHECKERでは、大きなサムネイル画像は合計で69%のクリック率アップに貢献したと伝えています。   大きなサムネイル画像ではクリック率が69%アップしたというグラフ   一人あたりのクリック率は4.77%から7.39%まで、55%アップしたそうです。  

大きなサムネイル画像ではクリックが55%アップしたというグラフ

  クリック数/リーチ数は3.29%から5.55%まで、なんと69%もアップしています!  

新しいサムネイル画像サイズでリーチ数も39%アップ!

上の例はクリック率のアップでしたが、リーチ数自体もアップしていることを、DASH BURSTが伝えています。

Facebookの仕様変更後、サムネイル画像付きの記事投稿のリーチが増えたというグラフ

  Facebookによるサムネイル画像の仕様変更後は、その影響を受けてArticlesタイプでの投稿のリーチが全体で39%伸びているそうです。 その分、画像投稿のリーチが27%下落、動画投稿のリーチも12%ダウンしていますね。   それにしても、このグラフ、これまでは圧倒的に画像投稿が拡散されていたことを物語っていますね。  

Facebookで大きなサムネイル画像を表示する方法

サムネイル画像を大きく表示するためには、画像サイズの縦横比を1.91:1にしましょう。 John Loomerによると、縦横比を1.91:1にすることで、デスクトップでもモバイルでも、大きなサイズのサムネイル画像を表示することが出来るそうです。

560px×292pxの画像だと大きなサムネイルで表示されるという図

    Google等のオーガニック検索と並んで大切なのが、Facebook経由の流入です。 大きなサムネイル画像をしっかりと表示させて、アクセスをアップさせましょう。  

Facebookでの画像サイズを指定する方法

ウェブサイトがFacebookでシェアされた際に、どの画像をサムネイルとして使用するかを指定するためにはFacebook OGPを設定する必要があります。 Facebook OGPについては、下記の記事をご確認ください。  
流入が174%増加!もうFacebook OGPは設定していますか?』 『Facebook OGPを設定する方法
  ライター 万代
この記事は役に立ちましたか?シェアして頂けると嬉しいです!

ジャックアンドビーンズ

→【無料】このような記事を定期的に読みたいと思いますか?

【もっとwebマーケティングを学びませんか??】
毎週水曜夜8時に魅力的な最新記事を受け取る!
グロースハックのノウハウを見逃さない
コンバージョン率を上げる情報を手に入れる!

※ブログの情報はこちらでも配信しています!

follow us in feedly

J&B Laboの関連記事

コールアウト設定アイキャッチ

あの有名企業も使ってる!コールアウト【効果検証】

...

記事を読む

Birthday_dog

これは凄い!飼い犬の誕生日を祝うメールでクリック率を750%増加させた方法。

...

記事を読む

00

アクセス数が2倍!?今すぐGoogle著者情報を設定しよう!

...

記事を読む

サイトリンク1

なんとコンバージョン率が約1.5~2倍!サイトリンクを有効活用しよう。

...

記事を読む

この記事をシェアする

J&B Laboの新着記事