コンバージョン最適化のプロ14人に訊いた!2014年に取り組むべきこととは…

experts
コンバージョン最適化のプロフェッショナル14人に、2014年により良い結果を得るためのコツを聞いてきたので、今日はその内容を紹介したいと思います。Webマーケティングを来年も成功させるために、何に注意すればいいかをチェックしてください!  
この記事はTHE DAILY EGGに掲載されている記事の和訳です。
 

Niel Patel

neilpatel-3

Crazy EggKISSmetricsQuickSproutの経営者。

僕が考える、2014年に起こるだろう大きな変化は、もっと多くのビジネスがコンバージョン最適化に取り組み始めることだろうね。より多くのコンバージョン最適化に関するケーススタディやデータが世の中に出回るようになると思うよ。そうなれば、僕たちはもっと多くの施策アイデアを得ることが出来るようになるし、検証されたデータを基にした決断が出来るようになるね。 だから、僕が考える来年のコツは、ケーススタディ関連の情報を見逃さないようにしながら、自分自身のウェブサイトでも施策やA/Bテストを行う時間を取るようにすることだ。多くの時間がそこに費やされるように思うかもしれないけれど、長い目で見れば充分すぎるほどのリターンがあると思うよ。  

Brian Massey

massey-2

Conversion Sciencesの経営者。

2014年のキーワードは「スローガンからの解放」だ。スローガンは私たちのA/Bテストでは負けることが多くなっている。 不安定な言葉をヘッドラインやCTA(コール・トゥ・アクション)、画像説明で試してみよう。あなたたちのビジネスのスローガンが掲げられている場所を見つけて、あなたの会社の強みや、お客様にとっての分かりやすいメリットに書き換えてみよう。 あなたは自分が”リーダー”だと主張するかもしれない。しかし、それはあなたが”決心して”、”粘り強く”、”好奇心が溢れていて”、”オープンで”、”不公平なアドバンテージ”を持っているからだろうか?これらの言葉は、不安定で、感情を高ぶらせるため、スローガンの中に含まれることの少ない言葉だ。 期待されていないものこそが、読者の心を動かす、騒がしい車輪となるのだ。  

Ian Lurie

lurie

Portent Interactiveの経営者。

2014年にWebマーケティングを成功させる2つのコツ。
  1. Y Slowで”A”を獲得できるよう、ウェブサイトの表示速度を改善しましょう。一番手厳しいY Slowでさえ”A”の評価を与えるほどサイトを高速化するのです。サクサク動くサイト以上にコンバージョン率を跳ね上げるものはありません。
  2. 9年生(中学3年生)レベルの読者を想定して文章を書きましょう。これは、あなたの読者が9年生だからではありません。このレベルで文章を書く理由は、読者は本当に、本当に忙しいからです。9年生向けの文章というのは、子供向けの単語を使うということではありません。一文を短く、一段落を短く、そして可能な限りシンプルな言い回しを心がけることです。ぜひ試してみてください。
 

Pages 1 2 3 4 5

この記事は役に立ちましたか?シェアして頂けると嬉しいです!

ジャックアンドビーンズ

→【無料】このような記事を定期的に読みたいと思いますか?

【もっとwebマーケティングを学びませんか??】
毎週水曜夜8時に魅力的な最新記事を受け取る!
グロースハックのノウハウを見逃さない
コンバージョン率を上げる情報を手に入れる!

※ブログの情報はこちらでも配信しています!

follow us in feedly

J&B Laboの関連記事

summary of points to improve the cost per action of listing ad eyecatch

リスティング広告のCV単価(CPA)を改善するポイントまとめ

...

記事を読む

色香を放つ流し目美人素材

ドキドキだけじゃない。美人はコンバージョンも与えてくれる

...

記事を読む

1376001502c69og

必見!プレースメントターゲットとサイト除外でCPA改善しよう

...

記事を読む

メモと携帯

【リスティング広告】パフォーマンスの悪いキーワードを除外してCPAを改善しよう!

...

記事を読む

この記事をシェアする

J&B Laboの新着記事