ウェブビジネスの教科書サイト

    facebook Twitter RSS
リターゲティング広告とは?

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter0

リターゲティング広告とは? 

リターゲティングとは?

サイトの訪問者に対してクッキーを発行し、広告ネットワークのいずれかのホームページにアクセスすると、広告を表示するという方法です。USではリマーケティングとも呼ばれます。リターゲティングは最近一般的になりつつある方法です。何らかのページを訪問したあと、そのページに関連する広告が他のページで表示される、というのがリターゲティングです。リターゲティングはもちろん有料で行われます。リターゲティングは一度訪問はしたが購入まではしなかったユーザーにほかのサイトなどで購入を進めるという点が新しいと言えます。以前購入したが今は足が離れている、という顧客にもリターゲティングは効果的です。つまり、見込み客に訴えかける方法です。特にサイトが新しいとより効果的です。訪問したということは少なくとも関心は持っているということなので企業はターゲットを絞って宣伝することができます。しかしどのサイトに行っても同じ広告が出るとユーザーはうんざりしてしまいます。ですからリターゲティングでは以下の手速を守る必要があります。

  1. ストーカーされていると思われないように気をつける
  2. 重複してリターゲティングないようにする
  3. リターゲティングはサイトリターゲティングではない
  4. 無差別にリターゲティングしない
  5. ビュースルーコンバージョンのことも頭に置いておく

リターゲティングが効果を生み出す限界の数字は7のようです。7回のうちは、広告が表示されればされるほどユーザーが広告をクリックする可能性は高まります。これが8回を超えた時、それまでに反応のなかったユーザーが以降広告をクリックする可能性はほとんどないようです。しかし万一を考えて8、9回表示されるようにする、というのも方法の一つでしょう。リターゲティングは現在広まりつつある一方で、見慣れてきた、というユーザーも多いので利用する際には何らかの戦略が必要なことは他の広告の手段と変わりないと言えるでしょう。

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter0

おすすめの記事

J&B LABO で扱っているテーマ一覧

Copyright 2017 J&B LABO. All rights reserved.