ウェブビジネスの教科書サイト

    facebook Twitter RSS
リスティング広告とは?

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter0

リスティング広告について説明しています。 

リスティング広告とは?

リスティング広告とは、検索エンジンの検索結果画面に有料で広告を表示させる広告の宣伝方法です。有料リスティングサービスと呼ばれることもあります。リスティング広告は広告に関連するキーワードに企業が入札してキーワードの検索結果に広告が表示される権利を買います。人気のキーワードほど高くなる傾向にあります。リスティング広告が表示されるのはGoogle、Yahoo!などの検索結果です。それだけなく連動してサイトやブログ内にも広告が表示されるので集客力はさらに高くなります。リスティング広告にアクセスするユーザーは多くの場合、目に付きやすい広告にアクセスするだけ、商品やサービスに対する購買意欲が高いと言えます。リスティング広告を利用することは効率的にユーザーを集めることになります。 

リスティング広告の注意点

リスティング広告のデメリットは、入札するキーワードに制限があるというものです。企業は自由にキーワードを登録できる一方でアフィリエイトは商品名・社名に入札できないという条件があります。入札の条件はリスティング広告を提供しているサービス位によって違います。条件に違反すると規約違反となり入札が取り消されてしまうのであらかじめ条件をクリアしているか調べておきましょう。 

リスティング広告の種類

リスティング広告は表示される場所によって集客力に差が出てきます。それが検索結果とコンテンツマッチにおけるリスティング広告の違いです。コンテンツマッチとは、キーワードに関連するページを意味します。入札したキーワードに関連するページにもリスティング広告が表示されるようになるということです。ブログやホームページ、ニュースサイトに表示されるのがこのタイプです。表示される場所は多く、宣伝としては有効です。しかしユーザーはこれらの広告をクリックはしても、あまり商品を購入しません。というのも自分でわざわざ検索したりして求めていた情報ではないからです。確実にユーザーに顧客になってもらいたい方は検索結果に広告を表示させることがおすすめです。簡単にまとめるとコンテンツマッチ広告は集客力が高いが効果は薄く、費用は割安です。検索結果に表示されるものは集客出来るのはキーワードが検索された回数に限りますが、効果が高く、その分費用もかかります。リスティング広告は費用はかかりますが、検索結果の上位に表示されるとそれだけで維持費を上回る利益があるのも事実です。

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter0

おすすめの記事

J&B LABO で扱っているテーマ一覧

Copyright 2017 J&B LABO. All rights reserved.