ウェブビジネスの教科書サイト

    facebook Twitter RSS
ヒートマップとは?

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter0

ヒートマップについて解説しています。 

ヒートマップとは?

ヒートマップとはウェブページで、ユーザーがどこを多く見たか、各ボタンのクリック率はどれくらいかを示したものです。ヒートマップは閲覧者の視線が集まる場所とバナー広告、ナビゲーションボタンなどのクリック率を頻度や回数ごとに色分けしてWebページに重ねられています。こうすることでひと目でユーザーがどこをみたか、どこが最もクリックされたかがわかります。サイトのデザインやユーザーの動向を調べて、ページを改善するために使います。グーグルもコンテンツ連動型広告「AdSense」を掲載するサイトの管理者に向けて、注目されやすさで色分けしたヒートマップをAdSenseヘルプ センターで提供しています。ユーザーがどこを見るか、またはどこをクリックするかはサイトのデザインや配置によって大きく変わります。ただ一般的な傾向があります。それは、人の視線が左上から右下に動きやすいということです。ほとんどのサイトで企業名など重要な情報が左上に配置されているのはこのような理由からです。また、普通の横書きのサイトでは、視線はF、またはEのように動くことが分かっています。さらにページの中で一番視線が集まるとされるのは一番上よりも少し下の位置です。ここはホット・ナビゲーション・エリアと呼ばれます。ホット・ナビゲーション・エリアにはユーザーに押して欲しいボタンやリンクが多くレイアウトされます。ホット・ナビゲーション・エリアでなくても広告は記事の近くならメイン入りやすと言われています。かと言って多くの広告がひとつのページにばらまかれた状態にあるとユーザーはどの広告も見ない傾向にあります。ページの最後には普通、ページの終了を知らせる言葉や次ページへのリンクが貼られます。ヒートマップをつかってサイトがどのように見られているかを見直すことは、LPOの一環として非常に有効です。LPOを効果的におこなってコンバージョン率を高めるためにはヒートマップを使って、ユーザーが注目しているもの、そして企業が注目して欲しいモノを明らかにすることです。注目してもらいたいのはサイトのコンテンツか、広告か、ボタンをクリックして欲しいのか、理想と現状を把握した上でヒートマップを使いLPOを成功させましょう。

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter0

おすすめの記事

J&B LABO で扱っているテーマ一覧

Copyright 2017 J&B LABO. All rights reserved.