ウェブビジネスの教科書サイト

    facebook Twitter RSS
アドテクノロジーとは

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter0

アドテクノロジーについて説明しています。 

アドテクノロジーとは?

アドテクノロジーとは広告を宣伝するための技術です。
広告テクノロジー、アドテク、アドテックとよばれることもあります。

アドテクノロジーの目的は企業の目的を果たすために効果的かつ効率的に広告をネット上に掲載して、利益を最大化することです。
アドテクノロジーは企業にもサイトの持ち主にもユーザーにもメリットがあります。
企業は効果的な宣伝をすることができ、収益が拡大します。
サイトも持ち主は広告を提供することで収益になり、有益な広告を提供すればユーザーの数も増えます。
ユーザーは広告を見て商品yサービスを選ぶ選択肢が増えます。

アドテクノロジーに関係するのは次の人物たちです。

広告主、メディア、広告代理店、メディアレップ、アドネットワーク、アドエクスチェンジ、DSP(Demand Side Platform)、SSP(Supply Side Platform)、データエクスチェンジ、アドサーバー、第三者配信アドサーバー

広告をユーザーに提供して企業が収益を上げるためにはこれだけの協力が必要です。

アドテクノロジーの種類基はおおまかには3つです。
まず、広告効果のトラッキング技術というものが挙げられます。
トラッキング技術とは、常に広告を見たユーザーの動向を把握することです。
これによってユーザーが商品やサービスを購入するうえで広告が果たして役になったのかそうでないのかを検証することができます。

次にWeb広告配信と表現技術が挙げられます。
Web広告配信と表現技術とは、ユーザーに広告を発信する手段と、その表現技術です。
商品に関心を持っているユーザーに個別にメッセージを配信して商品やサービス日対する関心を再度呼び起こすことです。

また、インタラクション性のある広告によって今までの広告では不可能だったユーザーとの関わり合いを作出します。
Web広告配信の例には電子メールによる宣伝などが挙げられます。
また、動画をクリックしてアンケートに応えられるような広告を提供することも新しい表現技術として広まりつつあります。

そしてオペレーションサポート技術が挙げられます。
オペレーションサポート技術とは広告出稿に関する業務を効率化することです。

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter0

おすすめの記事

J&B LABO で扱っているテーマ一覧

Copyright 2017 J&B LABO. All rights reserved.